読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品を売るには文章力が必要!ライティングスキル向上に役立つ本7冊

f:id:urj:20161130015406j:plain

良い商品なら放っておいても売れる、というわけではありません。商品を売るためには、商品説明やキャッチコピーでユーザーに興味を持ってもらう必要があります。

ライティングスキル向上に役立つ本を7冊厳選しましたので、文章力を高めたい方はこの機会にライティングを学んでみませんか?

書くスキルUP すぐできる! 伝わる文章の書き方 確実に文章力がつく! 7つのステップ

f:id:urj:20161130015433j:plain

出典:書くスキルUP すぐできる! 伝わる文章の書き方 確実に文章力がつく! 7つのステップ

伝わる文章を書くために意識すべき7つのことを教えてくれます。普段なんとなく書いている文章を、本書で解説している7つのことを意識して書くだけで伝わり方が変わってきます。

ビジネスだけでなくプライベートのメールのやり取りにも使えるので、ビジネス目的の以外の方にもおすすめです。

何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

f:id:urj:20161130005232j:plain

出典:何を書けばいいかわからない人のための「うまく」「はやく」書ける文章術

書かなきゃと思っても、何をかけばいいのか分からず、なかなか筆が進まないことってありますよね。本書はそうした悩みを抱える人に向けた本で、文章力向上のための5つのステップを詳しく解説しています。

文章を書くためには情報を整理する能力が必要なので、まずは整理の仕方を覚えましょう。

伝わる・揺さぶる!文章を書く

f:id:urj:20161130015450j:plain

出典:伝わる・揺さぶる!文章を書く

ジブリ作品のコピーライトを数多く手がけるコピーライターの糸井重里さんが運営する『ほぼ日刊イトイ新聞』で「大人のための小論文教室」を連載するなど、長年に渡り小論文指導を行ってきた山田ズーニーさんの著書です。

本書は相手に"伝える"のではなく、"伝わる"文章を書くにはどうすればいいかを教えてくれます。"伝える"と"伝わる"では大きな違いがあります。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

f:id:urj:20161130015522j:plain

出典:20歳の自分に受けさせたい文章講義

言葉では話せるのに、文章にしようとするとうまく書けない。本書はそうした悩みを持つ方のための文章術の教本です。

話すのは得意だけど書くのは苦手という方は、ぜひ手にとって読んでみてください。

調べる技術・書く技術

f:id:urj:20161130015543j:plain

出典:調べる技術・書く技術

文章は"書く"だけではありません。 "調べる"ことも良い文章を書くために欠かせない作業です。

本書は「調べる技術」と「書く技術」の2つの側面から、文章技術を高める方法を教えてくれます。

ロジカル・ライティング

f:id:urj:20161130015603j:plain

出典:ロジカル・ライティング

自分ではよく書けたつもりなのに、相手に伝わらない。 そうした説得力のない文章は、論理性が欠けていることが原因かもしれません。

本書は論理的に文章を書くことをテーマにしており、悪い事例と改善例からどのように文章を直せばいいのかを実践的に学べます。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

f:id:urj:20161130015627j:plain

出典:沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

Web制作・Webマーケティングチーム・ウェブライダーの代表を務める松尾茂起さんの著書です。本書はストーリーを通してSEOに効果のあるライティングを学べる仕掛けになっています。

ストーリー性があるので読み進めやすく、SEOを意識したコンテンツ作りについても学べます。

まとめ

小中高の国語では、伝えることは教えてくれません。それゆえに、大人になってから伝わる文章を書くにはどうすればいいかと悩む方は多いことでしょう。今回紹介ししたライティングや文章力に関する本は、"伝わる"方法を教えてくれます。

少し意識するだけで伝わり方が変わってくるので、商品が売れないと悩んでいる方は、ライティングスキルを高めてみましょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら