読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルの時代を勝ち抜く!SNSが提供しているビジネスサービス4個を解説

f:id:urj:20161114145808j:plain

SNSは個人間のコミュニケーションとしてだけでなく、ビジネスにも活用されています。ソーシャルがこれだけ普及している今の時代、SNSをビジネス利用しない手はありません。

SNSが提供しているビジネスサービスをまとめましたので、宣伝や集客にぜひ役立ててください。

LINE@

f:id:urj:20161114145835j:plain

出典:http://at.line.me/jp/

「LINE@(アット)」はビジネス向けのLINEアカウントです。友だちになってくれたお客さんにキャンペーンやクーポンの開始を知らせるメッセージの一斉配信をしたり、1対1トークをしたり、お店の様子を投稿したりできます。

クーポン機能は管理画面で開封数や使用数を確認できるので、クーポン配布の効果測定に役立ちます。リサーチページではアンケートや人気投票といったお客さん参加型のコンテンツ配信が可能で、新商品や新サービスの反応を調査できます。

LINEビジネスコネクト

f:id:urj:20161114145843j:plain

出典:http://lbc.line.me/

「LINEビジネスコネクト」は企業とユーザーが1対1のやり取りを可能にするビジネス向けサービスです。従来のアカウントでは同一のメッセージを一斉送信する方法でリーチしていましたが、それではユーザー一人ひとりのニーズにマッチしたメッセージ配信ができません

「LINEビジネスコネクト」はAPIの利用と外部データとの接続により、ユーザーごとに個別に連絡できるようになります。企業とユーザーが1対1でコミュニケーションをとることにより、個人にマッチした情報やサービスの提供ができます。

1対1のコミュニケーションは企業をより身近に感じてもらえるため、企業とユーザーの距離が近づきます。

若い世代を中心にメールからLINEに移行している現在、LINEのビジネス活用が注目されています。 「LINEビジネスコネクト」の登場によって従来のアカウントではできなかった双方向のコミュニケーションが可能になったので、ファン獲得にぜひ活用してください。

Facebook for Business

f:id:urj:20161114145853j:plain

出典:https://www.facebook.com/business/overview

「Facebook for Business」はFacebookをビジネス利用するための情報やヒントを配信しているページです。

Facebookをビジネスに活用している企業は多く、ファンを増やして集客やリピーター獲得に成果をあげています。Facebookではユーザーの年齢、住んでいる場所、関心事などに合わせたメッセージの配信が可能であるため、効果的なリーチができます。

メッセージを「いいね!」してもらえばそのユーザーにも友だちにも発信されるので、口コミで広がったり新しいファンになってくれたりするかもしれません。Facebookでは以下のように広告出稿できるページがあります。 ログインしていれば「Facebook for Business」内にある「広告を作成」ボタンからアクセスできます。

f:id:urj:20161114145915j:plain

マーケティングの目的、広告のターゲット、予算と掲載期間などを細かく設定できます。ターゲットの設定の項目内にある詳細ターゲット設定では、利用者層、趣味・関心事、行動の設定が可能です。

このように、Facebookはターゲット層を明確にしたリーチが可能なので、宣伝の活用を検討してみてはどうでしょう。

Instagramの3つのビジネスツール

f:id:urj:20161114145902j:plain

出典:https://www.facebook.com/business/help/897631030335607

Instagram(インスタグラム)は2016年8月15日より、「ビジネスプロフィール」「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」の3つのビジネスツールの提供を開始しました。

Instagramは写真共有に特化したSNSで、ここ1〜2年で日本での認知度が高まり利用者が急増しています。 拡散性が低いためFacebookやTwitterと比べると訴求力に弱みがありましたが、新機能追加によってビジネス活用の可能性が高まりました。

ビジネスプロフィール

ビジネス用のFacebookページを持っていれば誰でも無料で利用できる機能です。「ビジネスプロフィール」を設定すれば「Instagramインサイト」「投稿の宣伝」が利用できるようになります。

「ビジネスプロフィール」を設定すると、電話番号、メールアドレス、お店の所在地などビジネスに関するプロフィールを追加できます。

これまではユーザーとコミュニケーションを取るにはコメント欄かダイレクトメッセージ機能を使うしか手段がありませんでしたが、「ビジネスプロフィール」を設定することでタイムリーなやり取りが可能になります。

※「ビジネスプロフィール」はInstagramのアプリから設定できます。 「プロフィールを編集」の中に「Instagramビジネスツールをお試しください」という項目がありますので、そちらから設定してください。

Instagramインサイト

「Instagramインサイト」は投稿のインプレッション数、リーチ数、クリック数、フォロワーアクティビティなどの広告分析ができるツールです。

ユーザーの反応を分析することで、どの投稿が特に関心を持たれているのかがわかります。

投稿の宣伝

「Instagram広告」は2015年10月から日本でも導入されていましたが、新たに追加された「投稿の宣伝」によってInstagramアプリから投稿の宣伝が可能になりました。

この機能を使えばエンゲージメントの高い投稿をアプリから広告として出稿できるので、効果的な宣伝に役立ちます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら