読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚したいのに出会いがない…未婚率増加の原因と婚活ビジネスの展望

f:id:urj:20161226044510j:plain

未婚率が増加している昨今、結婚に対する考え方や価値観が変わってきています。しかし、結婚したいのに出会いがない男女が多いのも事実で、結婚相談所や結婚カウンセラーといった婚活ビジネスに参入するチャンスは充分にあります。

未婚率増加の原因と婚活ビジネスの展望をまとめましたので、婚活ビジネスに興味がある方はぜひ参考にご覧ください。

未婚率増加の原因

女性が経済的に自立

未婚率増加の原因のひとつとして、女性の社会進出に伴い、経済的に自立した女性が増えていることが挙げられます。このこと自体は社会にとって喜ばしいことです。

しかし、経済的に自立している女性の中には、結婚をわずらわしい、必要ないと考える人もおり、未婚率の低下につながっていると考えられます。

非正規労働者の増加

フリーター、契約社員、派遣社員といった非正規労働者が増えたことも未婚率増加の一因です。

非正規雇用の収入では将来に不安があるといった考えを持つ方が多く、結婚をしたくても収入が問題になっているカップルもいます。

結婚に対する考え方の変化

昔と今では結婚に対する考え方が変わってきています。ライフスタイルが多様化し、独身を自らの意思で選択する人が増えています。

幸せ=結婚と考える人が少なくなってきており、結婚に対する価値観に変化がみられます。

結婚したいのに出会いがない男女が多い

未婚率の原因だけみると結婚したい男女が少なくなっていると考えてしまいますが、必ずしもそうではありません。結婚願望はあっても出会いがない男女も多く、出会う機会が減っているのもひとつの原因です。

一昔前はお見合いという出会いのきっかけがありましたが、今は世話をしてくれる人が少なくなって出会いの機会が減っています。これは、近所付き合いが希薄になっているために、お見合いが減少している一因となっていると考えられます。

出会いを提供する結婚相談所

出会いの場は職場、友だちの紹介、合コン、イベント、ネットなどがありますが、そのいずれでも出会いのきっかけを得ることができていないという人は意外にも多くいます。自分に結婚願望があっても相手にあるとは限りませんし、出会いがあっても結婚に至らないこともあるでしょう。

そこで注目されるのが結婚相談所です。結婚相談所は結婚願望がある男女が出会いを求めて相談しにくる場であるため、お互い結婚という意識を持って出会えます。出会いの場がないと悩んでいる方も、結婚相談所に登録することで異性と出会うチャンスが生まれます。

婚活ビジネスの展望

結婚をしたくても出会いがない男女が多いこと、お見合いという場が少なくなったことをふまえると、結婚相談所や結婚カウンセラーといった婚活ビジネスには参入できるチャンスがあります。

これらの婚活ビジネスと従来のお見合いが違うのは、全国の結婚願望のある男女の中からマッチする相手を見つけられるという点です。住んでいる地域や条件などに制限はあるものの、より広い範囲で相手を探せます。

個人では限界がありますので、フランチャイズや代理店に加盟して本社が持つネットワークと情報を活用することにより、相談者にマッチした異性を紹介できます。これは現代ならではの男女の出会い方で、これから結婚相談所を介して出会い、結婚に至るカップルは増えるようになるでしょう。

まだどんなサービスなのかわからないという不安から、二の足を踏んでいる方も多いかと思います。もっと結婚相談所が普及してスタンダードになれば、利用者は増えると思ってください。

婚活フランチャイズ

日本結婚相談所連盟はロイヤリティ0円で経営できる結婚相談所フランチャイズを展開しています。ロイヤリティ0円なので安心ですし、低資金で開業できるのでリスクを抑えて開業できます。

f:id:urj:20161226044537j:plain 出典:日本結婚相談所連盟

NOZZEは結婚カウンセラーとして開業できるフランチャイズです。開業前にベテランの結婚カウンセラーにノウハウを学べるので、未経験の方でも開業できます。店舗は不要なので、低資金で開業できるのも魅力です。

f:id:urj:20161226044549j:plain 出典:NOZZE(ノッツェ)

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら