読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「失敗は成功のもと」を実現しよう!失敗から学ぶための7個の考え方

f:id:urj:20170428143137j:plain

ビジネスで失敗した時は、そこから何を学ぶかが大事です。成功している起業家も過去の失敗から学び、いまの大きな成功につなげています。 そこで今回は、「失敗は成功のもと」を実現するために失敗から学ぶ考え方を解説しますので、ただじゃ失敗なんてしないぞと思っている人はぜひ参考にしてください。

成功するために失敗から学ぶ

失敗は確かにマイナスではありますが、捉え方によってはプラスにできます。

失敗しなければ学べないこともあるので、失敗を恐れる必要はありません。その失敗があったからこそいまの成功があるといえるような未来であれば最高です。

成功から学ぶことは少ないですが、失敗からは多くのことを学べます。スポーツ選手が失敗を繰り返して技術力や精神力を身につけて一流になっていくように、ビジネスパーソンも失敗から学んで強くなっていくべきです。

失敗から学ぶための7個の考え方

f:id:urj:20170428143146j:plain

失敗を受け入れる

失敗から学ぶには、まず失敗を素直に受け入れなければなりません。意地になって失敗を認めようとせず、成功する可能性が低いことを続けるのは無駄であるどころか、さらに状況が悪くなってしまいます。

思い入れが強く、労力・時間・費用をかけたことほど失敗を受け入れるのは難しいため、これは口で言うほど簡単なことではありません。失敗しても感情的にならないこと、冷静に現状を見極めることを常に意識しておけば失敗を受け入れやすくなるでしょう。

ビジネスには失敗がつきもの

全てのビジネスが成功するわけではありません。むじろ、ビジネスには失敗がつきものです。

失敗は当たり前だと考えれば気が楽になりますし、冷静に解決方法を考えたり次のビジネスに進んだりしやすくなります。

最初のビジネスで成功する人は少なく、著名な起業家も失敗を繰り返したのちに成功を収めている場合が多いです。もちろん、やり方次第で最初のビジネスで成功するのも不可能ではありません。

フランチャイズはその分野に特化した事業者がノウハウを提供してくれるため、未経験者でも成功しやすい起業方法です。

失敗の原因を分析する

「失敗した」という事実の確認だけで終わらせてしまっては何も学べません。次のビジネスに活かすために、何が原因で失敗してしまったのかを分析する必要があります。

失敗の原因を分析する際は主観的で自分の都合のいいように解釈せず、客観的に事実を追求するようにしましょう。失敗の分析に失敗すると、また同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。

失敗した記録を残す

失敗した事実を記録に残すのはあまりしたくないものですが、人の記憶というのは時間が経つとあいまいになってくるため、失敗を記録に残しておきましょう。人の記憶というのはいい加減なもので、失敗を認めたくない気持ちからか記憶を自分の都合のいいように変えてしまうこともあります。

記録を残しておけば記憶が薄れても失敗した過去を正確に把握することができ、過去の自分からの現在の自分への戒めにもなります。

失敗しても折れない心を身につける

失敗によってビジネスを続ける心が折れてしまってはただ失敗という経験をしただけになってしまいます。起業家には失敗しても心が折れない強さが必要です。

最初から心が強い人もいれば失敗を繰り返すことでタフになっていく人もいます。いずれにしてもビジネスを続けるには折れない心を持っていなければなりません。

失敗で自信を失いそうになると思いますが、先ほども述べたように「ビジネスに失敗はつきもの」と考えれば気が楽になります。

あのスティーブ・ジョブズだって自身が立ち上げたApple社を一度クビになり、復帰した後に iPodとiPhoneという革新的なデバイスを開発したのですから。

「たられば」で過去を悔やまない

「もし〜していたら」「もし〜していれば」と「たられば」で過去を悔やんでもキリがありません。変えられない過去を後悔するのは人の性ですが、「たられば」を考えるのは辛くなるだけです。

失敗の原因を理解するために反省は必要ですし、後悔する気持ちを完全になくすことはできないと思います。しかし、必要以上に後悔をすることはありません。

ビジネスで失敗した事実をしっかり反省しつつ、「たられば」で過去を悔やまない精神を身につけましょう。

失敗を財産にする

誰も失敗はしたくないですが、もし失敗をしたなら自分の財産になると考えてみましょう。

ビジネスはやってみないと分からないことが多いので、失敗をするのは当たり前です。次のビジネスの糧にするために失敗=財産と捉えてみてください。

実際の財産は使えば減っていくものですが、失敗の経験というのは財産として自分の中に蓄積されていきます。失敗から学べる人は経験という財産を増やし成功するための糧にできることでしょう。

おわりに

期待していたビジネスで失敗するのは辛いものですが、ただの失敗で終わらせてしまってはそれこそ時間も費用も無駄になってしまいます。

失敗という事実を受け入れ、次に何をすべきかを考えることができる人はきっと成功のチャンスが訪れます。そのチャンスを掴むためにも失敗を学ぶ姿勢を持っておきましょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら