読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将来性が高い!ハウスクリーニング市場が有望である5個の理由

f:id:urj:20161216112450j:plain ここ数年、ハウスクリーニングの利用者は急増しており、市場は盛り上がりをみせています。将来性のある市場であるため、ビジネスとして非常に魅力的です。

そこで本記事では、ハウスクリーニング市場が有望である5個の理由をまとめました。ビジネスとしての家事代行サービスに興味がある方はぜひご覧ください。

ハウスクリーニング市場が有望である5個の理由

f:id:urj:20161216112502j:plain

女性の社会進出

女性の社会進出に伴い、家事代行を依頼する方が増えています。一昔前は女性は家庭に入るべきという考え方が一般的でしたが、今は女性が働くのが当たり前の時代になっています。

働きながら家事もこなすのは体力的に大変ですし、家事にかけられる時間が限られてきます。そこで、ハウスクリーニングなどの家事代行サービスを利用する方が増えているということです。

共働き世帯の増加

女性の社会進出、賃金の減少により、共働き世帯が増加しています。特に経済的な理由が大きく、共働き世帯が専業主婦世帯を上回っている状況です。

共働き世帯が増加したことにより、ハウスクリーニングを依頼する家庭が増えています。仕事、子育て、家事の中で誰かに任せられるのは家事だけです。家事代行サービスを利用することで子育てにかける時間が増え、家族と過ごせる時間も増えます。

少子高齢化社会

少子高齢化社会もハウスクリーニングの需要に大きく関係しています。高齢になると体力的に掃除をするのが困難になるので、掃除を代行してくれるハウスクリーニングを利用しようという高齢者が増加しているのです。

核家族化が進んでいることも関係していて、息子・娘夫婦と一緒に住まない高齢者世帯が増えたことにより、家事代行サービスの需要が高まっています。団塊の世代が75歳以上となる2025年以降の超高齢化社会では、ますますハウスクリーニングをはじめとする家事代行サービスの利用者が増加することが予想されます。

利用しやすくなった

一昔前の家事代行サービスは金銭的に余裕がある家庭が頼むもの、というイメージがありましたが、今は一般的に普及して利用しやすくなっています。料金がリーズナブルなサービスも多く、予算に合わせてプランが選択できるようになっているので利用しやすいです。

時間を買うという考え方

家事に時間をとられて家族と過ごす時間や介護をする時間が少なくなるより、ハウスクリーニングなどの家事代行サービスを頼んだ方が家族との時間が増えると考える方が増えています。

家事代行サービスを利用するということは、つまりは「時間を買う」ということです。有限の時間を有効に使うために、お金を払ってでも家事代行サービスを頼むという考え方は現代の特徴といえます。

ハウスクリーニングのフランチャイズ

ここまで解説したように、女性の社会進出、共働き世帯の増加、少子高齢化社会といった理由から、ハウスクリーニングの需要が高まっています。ビジネスをする上で需要のある市場に参入するのは基本的なことです。超高齢化社会の突入でさらに利用者増加が期待されるハウスクリーニングは、将来性のある市場といえます。

ハウスクリーニングはフランチャイズの中でも人気のビジネスで、多くのオーナーが未経験から参入して成功しています。フランチャイズ本部からノウハウの提供を受けられ、研修で技術を身につけられるので未経験でも開業可能です。女性オーナーも多く活躍しています。

ハウスクリーニングのフランチャイズのいいところは、無店舗開業ができ、在庫赤字を抱えるリスクがないことです。自宅を事務所とすれば賃料が節約できますし、小売店のような仕入れは必要ないので在庫赤字が発生するリスクもありません。

たとえば、「おそうじ本舗」は無店舗開業が可能で、必要な投資はバイクくらいなので低資金で開業できます。在宅ハウスクリーニングだけでなく、空室(賃貸や分譲物件)のクリーニングとオフィス・店舗のクリーニングを請け負うことで販路を広げています。リピート率が高いので、一定数の顧客を獲得できれば安定した収入が得られます。

もし、ご興味をお持ちになった方は、下記にアクセスしてみてください。 f:id:urj:20161216112517j:plain フランチャイズの詳細はこちら→おそうじ革命

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら