読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初期費用・固定費の節約になる!自宅開業するメリットとデメリット

f:id:urj:20170426120850j:plain

開業といえば事務所を構えるというイメージを持っておられる方も多いと思いますが、事業内容によっては自宅開業も可能です。自宅開業は初期費用や固定費の節約になるといったメリットがあります。

自宅開業するメリットとデメリットをまとめましたので、事務所を持つべきか迷っている方はぜひ参考にしてください。

自宅開業すべきか事務所を持つべきか

必ずしも事務所や店舗を必要としない事業の場合、自宅開業するという選択肢もあります。事務所を持つことにもメリットはありますが、自宅開業にもたくさんメリットがあるのです。

もちろんデメリットもありますし、事業によっては事務所を構えた方がいい場合もあるのでよく考えて選択しなければなりません。

創業時は自宅開業からスタートし、事業が安定してから事務所を構えるという選択肢もありますので、以下で解説する自宅開業のメリットとデメリットをふまえ、どちらが自分に合っているかよく考えてみてください。

自宅開業するメリット

f:id:urj:20170426121032j:plain

事務所代がかからない

事務所を借りるとなると、自宅家賃(家のローン)と事務所家賃の両方を毎月支払わないといけなくなるので、収益が少ない創業時は辛いものがあります。一方、自宅開業なら事務所代がかからないので無理せずに起業が可能です。

事務所家賃は毎月の固定費の大部分を占めるので、事務所代がないだけで随分違います。最初は自宅開業し、業績が順調に伸びてきた段階で事務所を構えた方がリスクは少ないです。

初期費用が節約できる

事務所を借りるには敷金・礼金・保証金が必要になるため、初期費用がかかります。自宅開業なら初期費用を節約できるので、開業資金を抑えられるでしょう。

必ずしも事務所を必要としない事業であるなら資金が溜まってから事務所を借りればいいのです。自宅開業からスタートすることも検討してみてください。

自宅家賃や光熱費の一部を経費に計上できる

自宅兼事務所の場合、自宅家賃や光熱費の一部を経費に計上できます。

さすがに全額は無理ですが、だいたい家賃の3分の1を経費にするのが一般的です。事業で使用した分を経費に計上するのが基本的な考え方となります。

もちろん事務所家賃も経費にできますが、自宅家賃に加えて事務所家賃も支払うことになるので自宅開業と比べると経費が多くなりがちです。自宅開業の場合は自宅家賃の一部を経費にできるので節税効果が高いといえます。

通勤時間を節約できる

事務所を構える場所によりますが、自宅から離れた場所に借りると通勤時間がかかります。自宅開業なら通勤の必要がないため、通勤時間を節約できるでしょう。

節約した通勤時間分は事業にあてられますし、プライベートの時間も増えます。交通費もかからないので経費の節約につながるわけです。

家事と仕事を両立できる

自宅開業は家事と仕事を両立しやすいのもメリットです。

事務所で仕事をしていると帰宅後に家事をしなければならないので気が重くなります。また、事業が忙しくなると家事がおろそかになってしまうこともあるでしょう。

自宅開業なら雲行きが怪しい日でも雨が降ったらすぐに洗濯物を取り込めるなど柔軟に家事ができますし、仕事の休憩時間に家事をすればリフレッシュにもなります。

事業が忙しくて家事の時間が少なくなったらハウスクリーニングを利用するのもひとつの解決方法です。いまはハウスクリーニングが利用しやすくなっていて、共働き世帯や高齢者世帯の利用者が増えています。

自宅開業するデメリット

仕事のオンオフの切り替えがしにくい

事務所で仕事をする場合、着替えて出勤することが仕事モードのスイッチになります。

しかし自宅で仕事をする場合、出勤というスイッチがないためオンオフの切り替えがしにくいです。さらに、オンオフが切り替えられないとダラダラと仕事をしてしまい、場合によっては事業存続に影響しかねません。

これはもう意識的に切り替えるしかないので、たとえば仕事着に着替える(もちろんスーツでなくても構いません)ことを仕事モードのスイッチにするなど、自分で仕事モードに入れるように工夫してみましょう。

オンオフの切り替えが苦手な方は事務所を借りた方がいいかもしれません。

打ち合わせ場所に困る

自宅開業の場合、クライアントと打ち合わせをする場所に困ります。事務所なら応接室を設けておけば済みますが、自宅にクライアントを来てもらうのはなかなか難しいですよね。

カフェを利用したり貸し会議室を借りたりすればいいわけですが、毎回打ち合わせ場所を確保する手間とコストがかかります。

打ち合わせを頻繁に行う事業の場合は事務所を借りた方がいいかもしれません。

運動不足になる

事務所を借りれば出勤が軽い運動になります。しかし、自宅兼事務所の場合は外に出る機会が大幅に減るので運動不足になりがちです。

人と会う機会が少なく一日中自宅で作業をする仕事だとどうしても出不精になってしまうので、健康面に不安が生じます。座りっぱなしで仕事をするのは体に悪いので、たまに立ち上がって体を伸ばしたりストレッチをしたりしましょう。

セキュリティ上の不安

自宅の住所をWebサイトに掲載するのはセキュリティ上の不安があります。事務所ならその点は心配ありませんが、自宅の住所となると話は変わってくるでしょう。

電話番号も同様で、Webサイトに自宅の電話番号を載せることに不安を感じる方も多いかと思います。

バーチャルオフィスを利用すれば住所だけ借りられますが、その住所に実際に事務所を構えているわけではありません。評判の良くない会社が同じ住所を使っていると信用性にも関わってきます。

自宅開業するなら住所に関する問題を考えておきましょう。

おわりに

自宅開業は節税効果が高いのが大きなメリットです。家事と両立がしやすいため、主婦の方や共働きの方にとってもメリットがあります。

オンオフの切り替えがしにくい点、運動不足になる点などデメリットもふまえて自宅開業するかよく考えてみてください。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら