読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前もって計算しておくべき!ECサイト・ネットショップの運営にかかる費用まとめ

f:id:urj:20170410005651j:plain

ECサイト・ネットショップは実店舗を運営するよりもかなり費用を抑えられますが、タダで開設できるわけではありません。立ち上げる前にどれくらい費用がかかるのか確認しておかないと、収支の予定が狂ってしまいます。ECサイト・ネットショップの運営にかかる費用をまとめましたので、開設前に必ず確認しておいてください。

ECサイト・ネットショップの運営にかかる費用

ドメイン代

ドメインを分かりやすい言葉に置き換えるならインターネット上の「住所」です。 たとえばYahoo!JAPANのURL(https://www.yahoo.co.jp/)なら、「yahoo.co.jp」の部分がドメインにあたります。 住所と同じように世界にひとつとして同じドメインはなく、それぞれのサイトが固有のドメインを持っています。

ECサイトを運営するにはドメインを取得する必要があります。 ドメインの価格は取得するドメインの種類やドメイン登録サービスによって異なりますが、「.com」は1,000円くらいで、「.jp」は2,300〜3,000円くらいです。 「.shop」というドメインもありますが「.com」「.jp」が定番で、ユーザーからすると安心感があります。

ドメイン更新代

取得したドメインを維持するには毎年更新料金がかかります。更新料金を払わないとドメインを所有する権利がなくなり、そのドメインを使用できなくなります。

ドメイン更新代はドメインの種類やドメイン登録サービスによって異なります。「.com」や「.net」は1,500円前後、「.jp」は3,000円前後であることが多いです。

サーバー代

サーバーはサイトのデータを置いておく場所です。サイトのデータをサーバーに置いてインターネット上に公開します。

レンタルサーバー、専用サーバー、クラウドサーバー、VPSといった種類がありますが、小中規模のネットショップならレンタルサーバー(共有サーバー)を使うのが一般的です。

レンタルサーバーの料金はサーバー会社やプランに差があります。安いレンタルサーバーなら500円ほどで利用できるところもありますし、小規模なサイトなら1,000〜2,000円前後のサーバーでも充分に運用できます。

ECサイト・ネットショップ作成費用

ECサイト・ネットショップを外注するとなると数十万円をかかります。自分で一からECサイト・ネットショップを制作するなら最低限でもHTMLとCSSの知識が必要です。

「BASE」や「STORES.jp」といった無料でネットショップを作成できるサービスもあります。こうしたネットショップ作成サービスはサイト作成の知識がなくてもネットショップが作れますし、料金がリーズナブルなので利用しやすいです。

f:id:urj:20170410014833j:plain 出典:BASE

f:id:urj:20170410014838j:plain 出典:STORES.jp

オンライン決済サービス利用料

オンライン決済サービスはECサイト・ネットショップにクレジットカードを追加できるサービスです。初期費用・月額料金は無料である場合が多く、決済手数料が主な費用になります。クレジットカード決済に対応しなくてもECサイトを運営できますが、支払い方法の選択肢が多い方が購入率アップを期待できます。

オンライン決済サービスについては別記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

簡単!サイトにクレジットカード決済機能を導入できるオンライン決済サービス5選

周辺機器代(カメラ、プリンターなど)

普通のデジタルカメラでも充分綺麗に撮れますが、より綺麗に商品を撮影するために一眼レフカメラを買っておきたいところです。商品写真のクオリティは売上に直結するので、デジタルカメラを使うにしても一眼レフカメラを使うにしても写真の見栄えにはこだわりましょう。

納品書や説明書を印刷するのにプリンターも必要になります。コンビニのマルチコピー機でもプリントアウトできますが、受注のたびにコンビニに行くのは手間なのでプリンターも買っておきましょう。

インターネット広告費

インターネット広告は早く集客するのに効果的です。SEO対策の効果が出るにはあるていどの時間がかかりますが、インターネット広告を出稿すればすぐに集客できます。

検索エンジンの検索結果にキーワードと連動して表示される広告をリスティング広告と呼びます。「Googleアドワード」と「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」が代表的です。クリック型課金を採用しているので、広告をクリックされた時点で費用が発生し、広告をクリックされなければ広告費用はかかりません。

リスティング広告はキーワードによって単価が大きく異なります。検索数が多い人気のキーワードは単価が高いですが、検索数は少なく単価が低くても宣伝効果が高いキーワードもあります。

おわりに

ECサイト・ネットショップを運営するにはドメイン代、サーバー代、サイト作成費など諸々の費用がかかります。「BASE」や「STORES.jp」などのネットショップ作成サービスを利用して費用を安く抑えるのもひとつの方法です。作成費用や運営費用は経費になりますが、仕入れ費用は経費にならない点にだけ注意してください。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら