読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帳簿付けを時短!レシートを撮影するだけでデータ化できる家計簿アプリ6選

f:id:urj:20160831220711j:plain

最近はレシートを撮影するだけと自動で家計簿をつけてくれる便利なアプリが増えています。家計簿アプリは帳簿付けにも活用でき、記帳にかかる時間を短縮してくれます。おすすめの家計簿アプリを6個まとめましたので、個人事業主の方はぜひ使ってみてください。

Zaim(ザイム)

f:id:urj:20160831220733j:plain

出典:Zaim

550万人が利用しているという、人気の家計簿アプリです。レシート撮影による自動入力はもちろん、銀行口座やクレジットカードの自動取得にも対応しています。約1,500 の金融機関に接続可能で、連携させておくと面倒な記帳が省略できます。

円グラフや棒グラフなどで使用状況を分析してくれる機能も備わっているので、支出の見直しにも活躍します。事業主の場合は固定費の見直しに活用できます。

ReceReco(レシレコ)

f:id:urj:20160831220741j:plain

出典:ReceReco

ReceRecoも利用者の多い人気の家計簿アプリです。レシート撮影機能、グラフ集計機能、フォト/メモ機能、外部サービス連携機能が備わっています。

フォト/メモ機能は写真にメモを加えられる機能で、レシートだけでは購入内容が分かりにくい場合、メモを加えておくと後で見返す時に便利です。

交通費、交際費、水道光熱費、通信費、車関係費、保険費、税金など、事業で使う勘定科目が用意されているので、個人事業主の帳簿付けにも使える家計簿アプリです。

Dr.Wallet(ドクター・ウォレット)

f:id:urj:20160831220801j:plain

出典:Dr.Wallet

「Dr.Wallet」は、オペレーターが手入力でデータ化してくれるのが特徴です。自動読み取りだと印字具合によって精度が落ちてしまいますが、「Dr.Wallet」は1枚のレシートを別々のオペレーターが手入力で処理してくれるので、正確にデータ化してくれます。

優秀な自動カテゴリ分類データベースにより、自動でレシートの内容を分類してくれるので記帳の手間が省けます。 銀行口座とクレジットカードの連携機能も備わっているので、口座残高や利用履歴を自動取得して楽に資産管理ができます。

マネーフォワード

f:id:urj:20160831220821j:plain

出典:マネーフォワード

 「マネーフォワード」は、無料で使える家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフトです。PCでもスマホでも使えるので、スマホでレシートを撮影してPCで管理する、という使い方ができます。

約2,600のサービスに対応していて、銀行口座やクレジットカード以外に証券、電子マネー、年金との連携が可能です。ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯キャリアとの連携もできるので、携帯電話の利用料金の管理の手間も省けます。

おカネレコ

f:id:urj:20160831220844j:plain

出典:おカネレコ  

「おカネレコ」はレシート撮影による自動入力の他、使った金額を入力してカテゴリを選択するだけで簡単に登録できる機能が備わっています。事業の帳簿の場合は基本的にレシートが必要になりますが、交通費などレシートのない出費を記録する時に便利な機能です。

プレミアムにアップグレードすると、広告枠が非表示になり、カスタマイズできるカテゴリが90個まで拡張(無料版は18個まで)となります。

レシーピ!

f:id:urj:20160831220911j:plain

出典:レシーピ!

デザインがかわいい家計簿アプリです。ほんわかするキャラクターが登場し、帳簿付けを楽しくしてくれます。機能追加課金は一切なく、完全無料で使えます。

いつどこで買ったのか、どのお店でよく買っているのか、支出のペースの割合など、グラフ化して支出傾向を教えてくれます。数字だけでは把握しにくいですが、グラフ化することで傾向がよくわかります。

まとめ

家計簿アプリは基本的にレシート読み取り機能が備わっていますが、精度に微妙に差があります。また、使い勝手や機能もアプリによって違いがあるので、いくつか試してみて使いやすいものを選んでください。有料プランがあるアプリがほとんどですが、いずれも無料で始められます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら