読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地域密着型ビジネスこそネットで集客すべき!その理由を解説

f:id:urj:20161114022036j:plain

費用をかけてチラシを作ったのに期待したほどの集客効果がなかった…という経験をされた自営業者は意外と多いのではないでしょうか?

しかし、集客の方法はチラシだけではありません。これだけ ネットが普及している現在、リアルだけでなくネットでの集客にも取り組むべきでしょう。

地域密着型ビジネスこそネットで集客すべき理由を解説しますので、集客で頭を悩ませている自営業者はぜひお読みください。

地域のロングテールキーワードなら検索上位を狙いやすい

Webサイトが検索結果で上位表示を狙うキーワードのうち、検索回数が多いキーワードを「ビッグキーワード」と呼びます。

「美容」「クレジット」「マンション」など検索回数が多いビッグキーワードは上位表示されれば検索流入の大幅増が期待できますが、狙っているサイトが多いため競争率が高く、そうそう上位表示は達成できません。

ロングテールキーワードは複数のキーワードを組み合わせたもので、ビッグキーワードと比べて検索回数は少ないものの、競争率が低いため上位表示を狙いやすいというメリットがあります。 

その地域でお店を探しているお客さんは、「美容室 ストレートパーマ 伊勢」「マンション リロケーション 府中」など地域名を含んだキーワードで検索します。

これがロングテールキーワードであり、お客さんの目的にマッチさせることで集客効果を期待しようというものです。

ビッグキーワードに地域名を組み合わせたロングテールキーワードは、ビッグキーワードより断然上位表示が狙えます。 ロングテールキーワードで検索する人は目的がはっきりしているため、上位表示を達成できればコンバージョン率アップが期待できます。

ただお店のWebサイトを作るだけではお客さんは来ないので、ロングテールキーワードを狙ってピンポイントで検索するお客さんを呼び込みましょう。

SEOに詳しくなればWebの集客で競合店より有利になる

本記事を読んでいる方の中には、SEOってよくわからない…という方もいらっしゃるかと思います。

確かにSEOで成果を得るには知識が必要ですし、すぐに結果が出るものでもありません。しかし、SEOに詳しくなればWeb集客の面で競合店より有利になると考えられますので、取り組んでみる価値は充分あると思います。

SEO対策をしていない競合店が多いのなら、むしろチャンスです。競合店のオーナーも同じ理由でSEOを学ぶのを避けているかもしれないからです。SEOを学ぶことで競合店に差をつけられる可能性があるなら、やってみるべきでしょう

今のSEOはGoogle対策がメインで、Googleの仕様変更に柔軟に合わせる必要があります。

自作自演で大量に被リンクを集めて上位表示を狙うような古いSEO手法は通用しないどころか、ペナルティの対象となって検索順位を大幅に下げられてしまうので、常に最新のSEOを学ぶよう心がけてください。

現在はユーザー(お客さん)に役立つ情報を発信するコンテンツSEOが主流で、コンテンツを充実させて上位表示を狙います。

お客さんがそのキーワードで検索する意図を汲み、サイトを訪れたお客さんが「役に立った」と感じるコンテンツをつくるということです。

また、基本的にSEOは長期的に取り組まなければならないものですので、すぐに結果が伴わないからといって諦めず、時間をかけて地道に集客していきましょう。

簡単に綺麗なサイトが作れるサービスが増えている

SEOでロングテールキーワードを狙う意味はわかったけれど、サイトを作る知識がない…という理由で避けている避けている方は多いかと思います。

確かにサイトをつくるにはHTMLやCSSの知識が必要ですが、最近は「AmebaOwnd」や「ペライチ」といった簡単に綺麗なサイトが作れるサービスが増えています。なので、知識は徐々に身につけていけば大丈夫です。

たとえば「AmebaOwnd」はシンプルながらデザイン性に優れたサイトを簡単につくれます。

スマートフォンにも対応しているので、スマホユーザーにも快適に閲覧してもらえます。 しかも無料で利用できるので使わない手はありません。

f:id:urj:20161114022212j:plain

出典:AmebaOwnd

「ペライチ」も簡単にサイトが作れるサービスで、こちらも基本利用料は無料です。

ページを増やしたりPV数の上限を上げたりするには有料プランが必要ですが、無料で使えるのでまずは試してみてください。

f:id:urj:20161114022220j:plain

出典:ペライチ

こうしたサービスを使えば、HTMLやCSSの知識がなくても簡単にサイトが作れてしまいます。

難しそうという理由で避けている方は知識がなくてもサイトが作れるサービスを利用し、追々学んでいってはどうでしょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら