読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無料から利益につなげる!フリーミアム・ビジネスモデル成功例5個

f:id:urj:20160930051621j:plain

サービスを提供する対価として料金が発生するのが従来のビジネスでしたが、Webの世界では基本利用料を無料としている「フリーミアム」と呼ばれるビジネスを採用するサービスが増えています。
「フリーミアム」とは一体どんなサービスを指すのか? どのようにして利益を出しているのか?
これらに疑問に答えた上で、「フリーミアム」の成功例を紹介していきます。

フリーミアムとは?

「フリーミアム」は基本的なサービスやツールを無料で提供し、上位の機能や追加の機能を使いたいユーザーが任意で課金する、または広告で収入を得る仕組みのビジネスモデルです。

Webサービスやソフトウェアで広く採用されているビジネスモデルで、最近のソーシャルゲームは「フリーミアム」が当たり前になっています。
無料のソーシャルゲームやスマホアプリで遊んだことがある方はわかると思いますが、基本は無料でプレイできますが、追加でガチャを回すには課金が必要です。

基本サービスを無料にして儲けが出るの?
全てのユーザーが課金するわけじゃないよね?
と疑問に感じるかと思いますが、「フリーミアム」では全てのユーザーに課金してもらう、または有料会員になってもらう必要はありません。

「フリーミアム」は5%の有料ユーザーがいればビジネスとして成立すると言われていて、残りの95%のユーザーが無料会員でも利益を出すことができます。
ビジネスとして成立する有料ユーザーの割合はサービスにもよりますが、「フリーミアム」は一部の有料ユーザーによって支えられているのです。

フリーミアムのビジネスモデル成功例

Dropbox

f:id:urj:20160930051659j:plain

出典:Dropbox

オンラインストレージのDropboxは、「フリーミアム」で大成功を収めました。
Dropboxは無料でアカウントを作成でき、2GBまでなら無料で使い続けられます。
2GB以上の容量を使いたい場合は有料プランへの移行が必要となります。
Dropboxの有料ユーザーは4%ほどだそうで、残りの96%は無料ユーザーです。
4%の有料ユーザーに支えられているDropboxは、「フリーミアム」の典型的な成功例と言えます。

クックパッド

f:id:urj:20160930051745j:plain

出典:クックパッド

レシピサイトの「クックパッド」は、基本的に無料で閲覧できますが、有料会員になるとお気に入りレシピの保存や絞り込み検索などの機能が使えるようになります。
「人気順検索」は有料会員限定の機能となっていて、人気のレシピを中心に探したい方に向けて提供されています。
この機能自体はすごくシンプルですが、無料会員では「人気順検索」はできないので、絶妙な「フリーミアム」と言えます。

ニコニコ動画

f:id:urj:20160930051755j:plain

出典:ニコニコ動画

動画サイトの「ニコニコ動画」も「フリーミアム」で運営されています。
無料で動画を視聴できますが、有料のプレミアム会員になると、プレミアム専用回線が使えるようになって動画の読み込み速度が上がる、混雑時の低画質モードを回避して高画質で視聴できるなど、より快適に視聴ができます。

STORES.jp

f:id:urj:20160930051813j:plain

出典:STORES.jp

「STORES.jp」は無料でオンラインストアが作れるサービスです。
有料のプレミアムプランは全ての機能が使えるようになり、アイテムの公開数が無制限になります。
基本利用料は無料にし、より本格的なオンラインストアを運営したい方向けに有料プランを提供することで成功しています。

Evernote

f:id:urj:20160930051839j:plain

出典:Evernote

「Evernote」は、オンライン上でメモを管理できるサービスです。
基本利用料は無料で、月額アップロード容量追加、同期端末数追加、機能制限の開放をしたい方向けに有料プランを提供しています。

「フリーミアム」として成功をしていますが、2016年6月より無料プランの同期端末が2台までに制限され、有料プランが値上げされました。
こうしたプランの改定をした場合、ヘビーユーザーは値上げされても使い続ける可能性が高いですが、ライトユーザーや無料ユーザーが乗り換えを検討するきっかけとなってしまいます。

フリーミアムで提供する際の注意点

「フリーミアム」もビジネスなので利益がないことには運営を続けられません。
無料で使えるものの制限が多くて有料プランでないと使い物にならない、かといって制限を開放しすぎると有料プランのメリットが減って有料ユーザーが増えません。
集客する上で無料というのは魅力ですが、バランスを間違うと失敗しかねません。

事実、「フリーミアム」で失敗したケースもあり、有料ユーザーを集められず撤退を余儀なくされたサービスも多いです。
「フリーミアム」でビジネスを始めるなら、何%の有料ユーザーを確保できれば利益になるのかをよく検討しなければなりません。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら