読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代・60代でも独立開業は遅くない

50代・60代で脱サラし、フランチャイズで独立開業される方は多く、思い切って開業して良かったという声がたくさん聞かれます。 前職はコンピューター関係の仕事をしておられた方がハウスクリーニングで開業したり、前職とは異なる職種・業界に飛び込んで成功をおさめておられる方はたくさんいらっしゃいます。 自営業からフランチャイズに転業される方も多く、50代・60代で独立しようと決心してフランチャイズに加盟されるオーナーは多いです。 フランチャイズで成功されているオーナーは、50歳、60歳というひとつの人生の転機に会社を辞めたり自営業を廃業したり、一大決心をされています。 サラリーマンは安定した収入が得られますが、今の時代いつリストラにあうか分かりませんし、年金も少なくなっているので独立開業して稼ぎたいと考えてフランチャイズを選ばれる方も多いです。 年齢制限があるフランチャイズもありますが、50代・60代でもフランチャイズでバリバリ働いておられる方がたくさんいらっしゃいますし、経営者として従業員を雇う立場になってお店を切り盛りされている方も多いです。 フランチャイズは年齢に関係なく長く働ける仕事も多いですので、50代・60代で独立開業しても全然遅くありません。 自分で経営するという環境に身を置くとやりがいが感じられますし、みなさん楽しんで仕事をしておられるので活き活きとしています。 接客業や生活サービス業などはお客さんに喜んでもらったり、感謝してもらえるとまた頑張ろうと思いますし、一度依頼をしてくれたお客さんがもう一度依頼をしてくれたり、口コミで知人を紹介してくれるととても嬉しいですね。 独立開業は大変なことも多いですが、その分やりがいがありますし売上になれば自分のモチベーションになります。 50代・60代で開業されたオーナーはみなさん口をそろえて「(独立開業に)年齢は関係ない」とおっしゃります。 50代・60代だから独立開業するには遅いかなと考えておられる方は、同じ世代で独立開業されている方はたくさんいらっしゃるので、諦めずに開業を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら