読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未経験の業種でフランチャイズ開業するときの注意点

f:id:urj:20170123162217j:plain

フランチャイズは本部が研修やサポートをしてくれるので未経験の業種でも開業できるのが魅力です。しかし、本部の説明だけで判断したり、よく考えずに開業したりすると失敗するリスクが高まり、黒字化できずに終わってしまう恐れがあります。

勢いで開業してしまって失敗しないために、未経験の業種でフランチャイズ開業する時の注意点をまとめました。

自分で業界について調査する

未経験の業種だからといってよく調べずに開業するのはリスクが高すぎます。本部の説明だけで判断するのは尚早で、自分でも業界について調べておく必要があります。未経験の業界だと分からないことだらけだと思いますが、だからこそ事前にしっかり調べておかなければならないのです。

市場の特性、業界トップの企業、競合の数など、調べることはたくさんあります。業界について知っておくことで本部から受ける説明の理解度が違ってきますし、うますぎるなという話にも気付きやすくなります。

業界に将来性があるか調査する

業界の将来性は正確には予想できませんが、世の中の流れやニーズを知っておくことは必要です。

たとえば、今でいうと高齢化社会の進行で高齢者向け弁当宅配サービスの需要が増加しています。共働きの増加で食材宅配サービスの需要がありますし、ハウスクリーニングの需要も高まっています。

このように社会の現状と動向をふまえ、業界の将来性を予測することで事業の可能性を判断します。一時期の流行に乗って起業するのは危険なので、業界の将来性をよく調査しておきましょう。

開業後のサポートの充実度で選ぶ

未経験の業界で開業するのは不安が多いですし、分からないことだらけです。フランチャイズ本部のサポートが非常に重要で、開業前だけでなく開業後もしっかりサポートしてくれる本部を選びましょう。

優良な本部は開業前も開業後も丁寧にサポートしてくれますが、いい加減な本部はろくにサポートもしてくれずに高いロイヤリティだけ請求します。そうした本部にひっかからないように、開業後のサポートの内容をしっかり確認しておきましょう。

自分に合った事業かよく考える

事業は収益性があるかだけでなく、自分に合っているかどうかも大事です。特に未経験の業界はやってみないことには自分に合っているか分からないので、事前調査や経験者の話を聞いて判断しなければなりません。

これまでの経験、持っているスキル、これまで最もやりがいを感じた仕事など、自分の性格や過去の経歴をふまえ、その事業が自分に合っているかよく考えましょう。

長く続けられるか

独立開業するなら、長く続けられる事業を選びたいですよね。定年退職後に開業するなら、年をとってからも続けられるかも考えておかなければなりません。体力的に続けられるか、資金的にリスクが少ないかなど、よく考えてから開業に踏み切りましょう。

業種未経験からスタート可能なフランチャイズ

未経験から開業できるフランチャイズはたくさんあります。それがフランチャイズの最大の魅力とも言えるところで、本部が培ったノウハウとサポートによって未経験者の改行を可能としています。

たとえば乳幼児親子教室の「TOEベビーパーク」、襖張替え「張替本舗 金沢屋」など、未経験者でも開業が可能なフランチャイズがあります。襖張替えは独自に「金沢屋工法」よって未経験者でも短期間で技術を取得できるようになっています。

いずれも本部のサポート体制がしっかりしているので、未経験者でも安心して開業できます。

詳しくはこちら→ 乳幼児親子教室「TOEベビーパーク」

f:id:urj:20170123162239j:plain

詳しくはこちら→ 張替本舗 金沢屋

f:id:urj:20170123162250j:plain

他にも知りたい方はこちら→ 業種未経験からスタート可能なフランチャイズ一覧

おわりに

未経験の業界は新しいことにチャレンジするという楽しみがあります。フランチャイズなら未経験から開業も夢ではありません。

事前に業界についてしっかり調査を行い、自分に合った事業を見つけてくださいね。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら