20代で独立開業しているオーナー

フランチャイズのオーナーは20代から70代まで年齢は幅広く、ベテランのオーナーに負けじと順調に成績を伸ばしている若いオーナーもたくさんいらっしゃいます。 20代で開業するのは早いと思われるかもしれませんが全然そんなことはありません。 むしろ早く開業した分、オーナーとしての経営スキルを磨いていくことができ、従業員を雇用できるほどの収入を得て成功している方もいらっしゃいますので、若いからといって先送りにする必要はないのです。 会社では上司から不条理なことを言われたり、サービス残業などでプライベートの時間が全然なくストレスを感じながら働いている方は多いのではないでしょうか。 もちろん会社や上司のスタンスによるので全ての会社がそうであるとは言いませんが、独立開業すれば自身がオーナーになって自分の考えで働けるので仕事が忙しくてもそれはやりがいとなり、むしろ忙しい方がきっと充実した毎日を送れることでしょう。

若い世代がフランチャイズで開業する際、開業資金が多く用意できないという悩みがあるかと思いますが、フランチャイズの中には低資金で開業できるものも多いので、資金が少ないからといって諦めることはありません。 お店を構えるタイプのフランチャイズだとどうしても開業資金が多くなってしまいますが、ハウスクリーニングや水道トラブルサービスなど店舗を持たずにお客さんの自宅に伺って作業をするフランチャイズなら、低資金での開業が可能です。 車両が必要となりますが、リースが利用できるので用意できる資金が少なくても充分開業は可能です。 将来年金がいくら受給できるか分かりませんし、年齢を重ねてからリストラされたり会社が倒産するというリスクが高くなっているので、独立開業して自分自身、そして家族の生活ができるよう自分で稼ぐという選択肢を選ぶのもひとつの人生プランです。 フランチャイズは年齢に関係なく、やる気とモチベーションがあれば若くても成功することができます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら