読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西における状況

リペア・修理フランチャイズ

現在のリペア・修理ビジネスの状況としては自宅で始めることもできるため、余計な費用がかからずに開業の初期投資も低く抑えることができるようになっています。 飲食店を開業するとなると、数百万円から数千万円の費用がかかることになります。

無店舗ビジネスであっても信頼が得やすい高品質の技術力が提供されるため、多くの取引先を獲得することもできます。 その強みは、真似することのできない独自の技術をあらたなサービスとして提供することができるというところです。

たとえばありそうでなかった革製品のリペアショップでは集客力の高い駅前や商店街、大型量販店の近隣で店舗を開業することによって、高い収益も期待されます。 取り扱う商材に力があるためその優位性によって信頼を得やすく、店舗を構えているだけでも営業力をカバーすることができるのです。

レザーリペアというあらたな情報発信力と商材の優位性があれば、営業に自信がない人であっても安心です。 現在の日本は昔ほど物が売れない時代になってきていて、直して使いたいと考える人が多くなってきているのです。

このようなリペア・修理ビジネスにおいて関西における状況としては、革製品の修復に関するあらたな需要があります。 バッグや靴、コート、財布などといったような革製品は、修理を依頼する先について意外に知られていないところもあるのです。

差別化された塗料を持つことによる競合優位性があるため、あらゆる皮革製品の施工が可能であり、巨大な市場ニーズに対応することができる人材も求められています。 体力を必要としないため、定年後のビジネスとしても適しています。

自宅で開業することもできますから、低資金で始めることができローリスクです。 まったくの未経験者であっても、リペアのプロへと育成する万全の研修体制が整っているビジネスです。

競合が修理することのできないものまでリペアすることのできるフランチャイズであれば、扱うことのできるラインナップも多く、競合他社から修理を依頼されるという可能性もあります。 修理を断ることがありませんから収益はあがり、リピート率も高くなるのです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら