読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東における状況

世界的に見ても、大量生産・大量消費という時代が続いています。 新商品開発のサイクルは早くなる一方であり、新しい商品が次々と生まれ、次々と使い捨てされていくことが続けられています。

ところが、最近、靴やかばん、さらに車や楽器に至るまでさまざまな商品を修理・再生するビジネスも拡大してきています。 環境省の調査によると、リペア(修理)市場の規模は2000年は9兆円ほどでしたが、2004年に10兆円を超し、さらに2010年には12兆円を上回ると予想されています。

使い捨て文化が拡大する一方で、ひとつの物を修理・再生し、末永く使っていこうという意識も芽生え始めているということは注目に値します。 その修理・再生を担うのは高い技術を持った職人たちです。

日本特有のモノづくりの技がこのビジネスには活かされており、修理・再生の職人技とモノを大事に受け継いでいこうという人たちを通して拡大していくリペア・修理ビジネスの将来が期待されています。 このようなリペア・修理ビジネスの関東における状況としてはショッピングセンター内や駅ビル、路面などといったように集客や高収益が見込まれる環境でビジネスにあたる靴修理やクリーニングのリペア・修理ビジネスに参加する人材が、関東を中心に求められています。

物件取得費や内外装費、専用の機械などが必要ですから実際に開業するための費用としては本来、数千万円が必要とされる場合もあります。 ですがそれらはすべて、本部が負担するかたちで開業することも可能です。

未経験であっても充実した研修やサポートによって、自信を持って開業を迎えることができます。 加盟金や保証金の必要もなく、物件取得費も無料となっています。

徹底したフォロー体制によって、未経験のオーナーも多く活躍しています 多店舗展開も難しくはなく、開業した多くの人は開業から1年程度で2店舗目の経営をスタートさせています。

そのほかにふすまや障子の張り替え、水まわりの再生、かばんの修理などといったリペアショップの開業に際しても人材は求められています。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら