読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開校後のサポート

フランチャイズに加盟すると、本部の各種支援を受けながら学習塾を開業をスタートすることができます。 開業時には、本部からの各種情報の提供、プロジェクト管理等の支援等、たくさんのサポートが受けられます。

しかし、開業後にはフランチャイズ本部からの支援はどうなるのか、不安を抱く方もいるかもしれません。 開業後は、フランチャイズ本部から定期・不定期の様々な支援を受ける事が出来、引き続き、あなたの教室運営をバックアップしてくれます。

それでは、具体的に、開業後はどんな支援を受ける事が出来るのでしょうか。 今回は、開業後にフランチャイズ本部から受けられるサポートについて、説明したいと思います。

(1)開業後のサポート 開業後の本部からのサポートとしては、間接的な支援と直接的な支援の両方があります。 間接的な支援としては、学習塾ブランド自体が成長し、全国の教室数の増加、合格実績などの結果に加え、フランチャイズ本部が行う、塾のCM等のブランディング活動が挙げられます。これらは結果として、フランチャイズ本部のブランドを使用しているあなたの教室のサポートに繋がっています。 また、直接的な支援には下記のようなものがあります。 例えば、 文部科学省検定済教科書は、通常4年毎に改訂の機会があり、大幅な内容の更新が行われます。それに合わせて、テキストの内容がアップデートされたり、指導内容の変更が伴います。また、目まぐるしくか変わる入試問題の傾向や、各種受験情報の継続的な提供を受ける事が出来ます。 教材についてもフランチャイズ本部に加盟する意義は大きいでしょう。フランチャイズ本部は、絶えず商品の開発や各種企画の立案、教材の研究を行っていますので、それらの供給を受けることは大きなメリットと言えるでしょう。

フランチャイズ本部には、開業をサポートする部署だけではなく、開業後もオーナーをバックアップする専門の部署やヘルプデスクが設置されていることがあります。フランチャイズ本部主催の各種、講習会や、イベント等に参加することもできる等、開業後もサポートを受けられるのは、学習塾経営者にとって大変心強い体制と言えるでしょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら