読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車両は購入した方がいい?それともリース?

ハウスクリーニングフランチャイズ

ハンドルを持つ女の子   ハウスクリーニングは依頼主の住宅に伺って清掃を行うサービスであるため、清掃用具などを持ち運ばなければなりません。 大掛かりな機器はないですが、バイクで運ぶのは難しいため車両が必要となります。 フランチャイズとしてハウスクリーニング事業を開業する際、車両を購入するという選択肢以外にリースを利用するという方法もあります。 リースというのはレンタルと異なる契約形態で、レンタルカーでは既にある車両の中から選んで借りますが、リースの場合は借りる側の要望に応じてリース会社が車両を購入し、貸し出してくれます。 毎月一定額を支払うことで車両が利用可能になり、車両やコピー機など高額な物に対しては購入よりもリースの方が良い場合があります。 フランチャイズの本部でリースを利用することが可能ですが、本部によってリース契約の内容が異なるため、事前にどういった内容の契約なのかを確認してから利用するようにしましょう。

リースは購入より割高となりますが、ローンを組んで購入する場合、自動車保険や車検代、自動車税といったもろもろの経費を計算しておく必要がありますが、リースの場合は契約満了時までそれらの費用込みのリース料となるため、安定した維持費で車両を使うことができるというメリットがあります。 また、個人事業として開業する場合、リースなら車両を減価償却する必要がないので確定申告時にかかる手間が省けますし、リース料は経費として計上できます。 最近は個人向けのリースも増えてきており、手軽にリースを利用できるようになっています。 ハウスクリーニングは車両が必須であるため、購入するのかリースにするのかを考えておく必要があります。 ローンでの購入とリースでの購入では毎月の経費が違ってくるので、まずどちらを選択するのか、リースを選ぶ場合は契約内容を確認して毎月にかかるリース料を経費に組み込んでおきましょう。 車両のリースの利用が可能かどうかはフランチャイズによって異なるため、まずはリースについて問い合わせてみましょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら