読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関東での出店を考える

未経験の人が買取・リサイクルの事業をする場合には、フランチャイズに所属して事業を行うのが一般的です。 フランチャイズの強みで、未経験でも研修などをしながら目利きや経営方法について学ぶことができます。

また、店舗を構えるときにも集客力のある物件を斡旋してもらえることがあります。 やはり、買取のビジネスを行うには、不用品をよく売ってくれる人が多い方が良いでしょう。

関東は、人口も多く集客も見込むことができて、買取のビジネスもやりやすいのではないかと考えられます。 ただし、逆に関東で買取・リサイクルのビジネスをする場合には、東京を中心に競合店が多い状態があるようです。

「大吉」の場合は、フランチャイズ制を採っています。 ですから同じエリアに大吉のチェーン店を競合させないようにしています。

しかし、東京には20以上のチェーン店があります。 神奈川にも20近く、千葉県と埼玉県には10前後のお店があります。

それだけ、多くの人が買取ビジネスを希望しているということでしょう。 ビルの一階に店舗を構えていることも多く、良い物件を準備しているようです。

「おたからや」も全国的にチェーン店を展開していますが、関東地方はお店が多いです。 特に東京都に店舗が多くて、駅の近くに多くの店舗を構えています。

中でも、板橋区には、6つも店舗があります。 埼玉県、千葉県にも多くの店を構えています。

「金銀堂」は、中部や東北にも店がありますが、関東甲信越を中心に店舗を広げています。 東京、神奈川、埼玉に店舗が多いです。

亀戸北口店は、JR総武線と東部亀戸線の亀戸駅からすぐの所にあります。 マクドナルドがあるビルがありますから、エレベーターで4階まで行きます。

このような立地ですと、レジャーのついでに寄ることもあるでしょう。 また、金銀堂はテレビ朝日系のスーパーJチャンネルで何回も特集されています。

このような広告を出せる力を持ったフランチャイズがあるわけですから、関東で買取・リサイクルのビジネスをするのは競争相手も多く大変であるということが言えそうです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら