読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢が若すぎる・挑戦が遅すぎることはある?

買取フランチャイズ

中古品などの買取・リサイクルをしている企業では、フランチャイズ展開をしているケースが多くあります。 「大吉」や「おたからや」、「大黒屋」などといった多くのフランチャイズがあり貴金属やブランド品、家具家電、衣料品などといったさまざまな品物を買い取って販売しています。

フランチャイズですと経験がない人であっても研修を受けることで、経営のノウハウについて学ぶことができます。 貴金属やブランド品の目利きについても、教わることができます。

店舗は狭いスペースであっても始めることができ、運営自体は1人で行うことができますから、初期費用は抑えることができます。 若いうちですと、自分で事業を始めることには不安もあります。

経験がない人に対しては、本部のスタッフが常駐してサポートするフランチャイズもありますから、加盟すれば安心感があります。 フランチャイズへ加盟するにあたっての年齢条件については大吉を例に挙げると、20歳以上であればほかに特別な条件が設けられていません。

体力を使う仕事ではありませんから、高齢の人であっても営業することはできます。 定年を過ぎてから始めている人もいますし、20代という若さで挑戦している人もいます。

大黒屋の加盟条件については、20歳から50歳までとなっています。 加盟すれば商品の目利きについて研修を受け、スーパーバイザーによるバックアップを受けることも可能です。

買取などの経験がない人や若い人であっても、安心して営業することができます。 「おたからや」の年齢条件も、20歳以上とされています。

そのような中で、「K-NET」のフランチャイズについては年齢が不問とされています。 ただし最初に加盟金、研修費、開業資金などが必要とされ一定の資金は必要ですから、あまりにも若い人であると資金面で厳しいかもしれません。

年齢条件そのものについてだけ注目してみると、買取・リサイクルのフランチャイズへ加盟する場合にはゆるやかな場合が大部分です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら