読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗の立地条件が成功を占う?

中古品などの買取・リサイクルをしている店舗は利用すると、捨てるしかなかった品物であってもお金へ換えることのできる可能性があります。 そういった店舗を開業する上では、フランチャイズチェーンに加盟するという方法があります。

さまざまなブランドのフランチャイズがあり、経営に関して本部からのバックアップがあって品物の目利きなどについても教わることができます。 実際に店舗を構えるにあたっては立地条件が大切であり、人通りが多い場所を選ぶことなどが理想的です。

実は買取・リサイクルの仕事であれば、最低でも2坪という広さの店舗で始めることができます。 その理由は、在庫を置いておく必要がないためです。

買い取った品物は店舗で直接売ることができるほか、フランチャイズで換金してもらうこともできます。 つまりすでに店舗となる建物を所有していれば、それを利用して買取・リサイクルのビジネスを始めることも可能です。

たとえば大黒屋のフランチャイズですと、別業種の店舗を経営している人が自分の店舗に大黒屋の店舗を併設しているというケースもあります。 また印章店やチケット店などとの併設営業をしている人、大黒屋のバックスペースを建設業の事務スペースに使っている人などもいます。

このような店舗の構え方であれば、自分が持っている店舗の立地条件がそのまま買取・リサイクル営業をしている店舗の立地条件となります。 K-NETの加盟条件については駅前、ショッピングセンターなどといった良い立地の物件を本部が斡旋するようになっています。

この場合ですと、本部の斡旋によって良い立地条件で経営することができます。 大吉の出店については、基本的にオーナーが希望する地域で出店することができるものの、「テリトリー制」になっています。

つまりすでに同じ地域で出店している店舗があれば、そこではそれ以上出店することができないように制約されているのです。 利益を確保するためのきまりであり、近くのエリアで良い物件情報があれば紹介してもらうことができます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら