読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人の新規事業として成立する?

買取フランチャイズ

買取・リサイクル事業についてはフランチャイズへ加盟することで、若くして起業するということも可能です。 本部からのバックアップを受けることができ、品物の善し悪しについて見分ける力をつけ、経営のノウハウを知るために研修を受けることもできます。

フランチャイズチェーンによって、オーナーとしての収入が保障されるなどといった強力なサポートが用意されている場合もあります。 買取・リサイクルをすることによって不要になった品物の扱いに困っている人、中古の品物を安くてもお金にしたいといった人を助けることもできます。

買取のビジネスだけであれば1人でも行うことができますから、人を雇用することなどの面倒もありません。 そう考えると一緒に事業をする人数がいれば、たくさんの店舗を同時に経営するということも可能です。

実際に店舗の運営は従業員を雇用して任せ、自分はオーナーとして経営戦略に力を入れているという人もいます。 このようになると、法人のビジネスとしても成り立つ可能性が十分にあり、新規事業として検討する余地もあります。

フランチャイズチェーンにおいても、法人の新規事業向けに事業者を募集をしているケースがあります。 個人の経営者が兼業として店舗の一角を買取・リサイクルスペースに活用している場合と同様に、法人が複数ある事業のひとつとして展開することも可能です。

店舗で空いているスペースの活用に、空いている時間を使って買取ビジネスをすることもできますし、専属のスタッフを雇用して買取部門は任せ、本業に注力するという選択もあります。 通常に新規事業として展開していくとなると販売ルートの開拓、ウェブサイトを整備しての情報発信なども重要ですが、フランチャイズであれば本部がそういったソースを用意しています。

本部へロイヤルティーを支払わなければならないというところがあっても、販売促進費をはじめとした経費の支出を考えれば、事業として考えることは可能です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら