読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低コストで参入できる?

家庭で不要になった貴金属やブランド品などの買取・リサイクルをする事業は、そのマーケットを拡大しつつあります。 しかしながら、経験のない人が商品の査定や鑑定をすることはできません。

そこでフランチャイズへ加入することによって、買取製品の鑑定や店舗経営の方法について研修を受けることができます。 いろいろなアドバイスやサポートを受けることは、大きな強みになります。

店舗を開店するためにかかる初期費用としては、何といっても物件を確保するための資金が必要です。 それを店舗の形態によって抑えることができ、フランチャイズでは複数のプランというかたちで用意している場合もあります。

フランチャイズによって開業にかかる費用は違っていて、低コストということが検討する上でのポイントにもなります。 貴金属の買取をしている「K-NET」では加盟条件として、300万円の自己資金を必要としています。

「大黒屋」では契約のタイプとしてベーシックプラン、ライトプランというものがあります。 運転資金はどちらのプランについても、300万円以上となっています。 そのほかに研修費や備品、消耗品、広告費、コンピュータの設備などに費用がかかります。

ライトプランとベーシックプランの違いは出店可能エリア、必要経費です。 出店可能エリアはライトプランが全国であることに対して、ベーシックプランは全国の県庁所在地で人口20万商圏に限定されています。

また、ベーシックプランでは内装外装費としておよそ400万円がかかり、ライトプランでは必要がありません。 必要経費の合計はベーシックプランで1,200万円から、ライトプランでは800万円からとなっています。

「メイクワン」は、30万円という低コストの手持ち資金から開業することができるという点を特徴としています。 これは開業資金を分割払いにする場合の費用ですが、一括して支払う場合でも150万円以下で開業することができます。

専業プランと副業プランがあり、専業プランでは良い立地の土地に店舗を出すことができ、開業資金は128万円です。 副業プランはすでに店舗を持っている人が空いているスペースを利用して開業するプランであり、開業資金は118万円です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら