読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研修はある?

リペア・修理フランチャイズ

リペア・修理の仕事をするということは、その技術に対してお客様からお金を頂くということです。 少し手先が器用である、日曜大工が得意である、コツコツとした作業が好きであるという程度では務まりません。

フランチャイズ展開をしているリペア・修理関連の業種ではすべて、技術研修というものがあります。 フランチャイズ本部側もお店の商標を貸して営業してもらう以上、低い技術では困りますし、必要な研修もせずに、いきなり開業させるわけにはいきません。

加盟するフランチャイズが取り扱う商品すべてに関し、どのようにリペア・修理するのかを徹底的に教育します。 また接客、サービス、お店の運用方法など、経営に関するノウハウも合わせて教育します。

短いところで1週間、長いところでは1か月ほど、研修期間が設けられています。 様々な技術と知識を学んだ上で、本部から認めてもらうまでは開業することは出来ません。

習得したリペア・修理の技術が低く、仕上りが悪ければ、開業するお店の経営不振に繋がることはもちろん、フランチャイズ店全体の経営不振にも繋がります。 高い技術、よりよいサービスが提供できるように、本部もしっかりと指導、教育、研修を行います。

研修期間中に習得できなかった技術、より高度な技術に関しては、開業後も引き続き研修を受けることができるところがほとんどです。 開業する人が自信をもってリペア・修理の仕事が出来るように、また経営が軌道に乗るように本部は開業後も指導、教育のサポートしてくれます。

リペア・修理の仕事は件数をこなすうちに腕が上達していく部分があります。 基本的な技術を身に付けて、開業後リペア・修理件数をこなしながら技術を高めていくことも可能です。

ただし、お客様からの依頼通り、リペア・修理箇所がわからないように仕上げるのが大前提ですので、その知識と技術を習得した上で、開業後、さらに技術を高め、よりよいサービスを提供するということになります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら