無店舗で開業できるハウスクリーニングフランチャイズ

コンビニエンスストア、居酒屋、ファーストフード店、ネットカフェとしてフランチャイズは店舗が必要となるため、どうしても開業資金が多くなってしまいます。 開業資金が多くなると回収するまでに時間がかかってしまいますし、毎月賃貸料を支払わなければならないので賃貸料が大きな負担となり経営が厳しくなってしまうことがあります。

フランチャイズの中には店舗を持たずに開業できるものもあります。 ハウスクリーニングは無店舗で開業可能なフランチャイズで、自宅を事務所することができます。 物販店と違って商品を置く店舗が必要ないですので店舗を持たずに開業できますし、経営が波に乗ってから事務所を借りるという方法も選択できます。

ハウスクリーニングなど無店舗のフランチャイズのメリットは開業資金が少ないこと、毎月の賃貸料の負担がないことです。 少ない資金で開業できるフランチャイズほど初期投資額を回収しやすいですし、初期投資額が多くなるほどリスクが増えるため、初期投資を抑えられるフランチャイズを選ぶ方が安心です。 例えば毎月10万円の賃貸料がかかる事務所や店舗を借りるとなると、賃貸料をカバーするだけの売上がないと利益になりません。 特に開業したてのころは顧客がまだ獲得できていない状態なので売上が少ないため賃貸料の支払いがかなり負担になります。 無店舗経営なら売上が少ない時期でも負担が少ないですし、売上が伸びていけばその分自分の利益にすることができます。 ひとつの例えですが、10万円の賃貸料を支払うフランチャイズと比べると賃貸料のないフランチャイズなら、後者の方が10万円分利益にすることができるということになります。 賃貸料は毎月発生するので、1年で換算するとかかり大きな違いになります。 ハウスクリーニングの需要は今かなり伸びてきているので将来性もあり、リスクに少ない無店舗で開業することが可能ということで人気が上がってきているフランチャイズです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら