読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

法人がフランチャイズで新規事業を立ち上げるメリット

フランチャイズは個人・法人向けがあり、法人は新規事業としてフランチャイズに加盟することができます。 収益を拡大するためにフランチャイズ加盟し、新規事業を成功させている法人はたくさんあります。 法人がフランチャイズ加盟するメリットは、ノウハウを持っていない新しい分野への進出がしやすいという点です。 フランチャイズに加盟すれば本部が持っているノウハウを提供してもらえるので、自社で一からノウハウを確立していくより効率が良く、新分野で早く結果が出せます。 ビジネスを拡大する上で新規事業に参入するにはリスクが伴いますが、フランチャイズならその分野の実績や知識を有するブランドのサポートを受けることでリスクが軽減します。

また、自社で持っているノウハウや資源をフランチャイズに活かして事業拡大をすることも可能ですので、新規事業は全く別の業界である必要はありません。 既存のノウハウや資源を活かすことで成功確率を高め、自社が有している仕入れ先などを有効に活用するなどフランチャイズに加盟することで事業の幅が広がります。 法人を募集しているフランチャイズはたくさんあるので選びやすく、新規事業を立ち上げる上でフランチャイズは非常に有効な手段であると言えます。 フランチャイズは他業種からの参入を容易にし、成功すれば収益が拡大します。 まだまだ未発展の市場がたくさんあり、将来性の高い事業には今から参入しておくと後発の競合他社より一歩先んじることができます。 高齢化社会の進行に伴って介護事業やハウスクリーニング、家事代行といったサービスの需要が伸びており、フランチャイズでもそれらの分野に参入する事業者増えています。 ハウスコーティングなどは競合他社が少ないので狙い目ですし、ハウスクリーニングの中でもコンクリートリペアやベッドマットレスクリーニングなどはこれから需要が伸びていくことが期待されているので、早いうちに新規参入しておくのも有効な事業戦略と言えます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら