読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北・北海道における状況

今注目の直して使うリペア・修理ビジネスのメリットは、不況に強いというだけではありません。 環境意識の高まりやもったいないという使い捨て消費への疑問、こだわりや思い出がある品物を長く使いたいといったように、日本における消費者の成熟を背景として、時代に求められているこれからのビジネスでもあるのです。

将来有望な「直すビジネス」について、経験を必要とせず誰でも始めることのできるモデルとして、フランチャイズ展開をしているビジネスが多くあります。 リペア・修理ビジネスの市場規模は、すでに2004年で10兆円を超え、現在では12兆円を軽く上回る勢いになっています。

およそ7兆円とされるコンビニエンスストア業界を50%も上回る、巨大な市場に成長しようとしています。 リペア・修理ビジネスの東北における状況としては、粗利率が90%もありながら未経験、無店舗で1人でも開業することのできる家具、壁紙、フローリングのリペアビジネスなどが注目されています。

一生ものの修復技術をいくつも身につけることができるためハウスメーカーから管理会社、さらに一般家庭まで幅広い顧客があります。 また、働き方として家族との時間を最優先させることが可能であり、たとえば昼は営業に回って作業はすべて夜に行うということも可能です。

本業と組み合わせ、副業的に空いた時間でリペアを行うことも可能です。 また北海道における状況としては、住宅やマンションをリフォームのようにして新品へ交換するのではなく、現在の設備を再生する独自技術としてフランチャイズ契約するリペア・修理ビジネスが見受けられます。

在宅での施工はもちろん、空室状態であっても質の高い施工が行われることによって多くの人から支持され、年商が2,000万円以上という加盟店も次々に誕生しています。 住意識が変化している中において市場は成長中であり、法人顧客にとっても新しい技術であるとして、受け入れられやすいサービスとなっています。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら