読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初に確認しておくべきフランチャイズの加盟条件

フランチャイズの加盟条件はフランチャイズによって異なるため一概には言えませんが、例えば年齢制限を設けている企業もあります。 事業内容によっては体を動かす仕事もあるので、65歳までという年齢制限を設けている場合があり、一例を上げるとハウスクリーニングのおそうじ本舗は掃除という体を動かす事業を行っているので、年齢制限は20~65歳位までとなっています。 しかし、スタッフを雇って自身はオーナーとして経営するなら年齢制限はありませんので、スタッフを雇用するか自身で働くかによって条件をクリアしているかどうかが変わってくる場合があります。 このように年齢制限はフランチャイズ独自に定めているため、フランチャイズで独立開業を考えておられる方は、年齢など条件に当てはまるかをまず確認する必要があります。

フランチャイズではオーナーの希望に応じて選択できる開業プランも用意されており、有店舗のフランチャイズなら店舗を本部が用意するタイプ、またはオーナー自身が用意するタイプを選択できたりします。 土地や建物を持っていない場合はフランチャイズに事業に最適な店舗を紹介してもらうことができますし、土地を持っていれば活用することも可能です。 物件紹介のサポートもフランチャイズによって違いがありますので、事前によく確認しておきましょう。

フランチャイズごとに契約期間も異なっており、2年間という短い契約期間を設定しているフランチャイもあれば、15年という長い契約期間を設定しているフランチャイズもあります。 業態によっても契約期間が異なりますが、将来の計画も含めて契約を考えなければなりません。 加盟条件をクリアしてはじめてフランチャイズで開業できるため、まずは加盟条件に適合するかどうかを調べる必要があります。 インターネットで検索すれば各フランチャイズのホームページが出てくるので加盟条件を調べたり、資料を取り寄せたり、あいまいな部分は直接問い合わせた方が良いでしょう。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら