読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教材のサポート体制について

学習塾の開業後をイメージした場合、刻一刻と変わる、教育行政への対応が心配になります。 塾の指導クオリティの基本は、教材や指導システム、カリキュラム等のハード面と、講師による質の高い指導の融合にあると言えます。 そういう意味では、全てのベースとなる、文部科学省の検定済教科書や、指導要領の動向のチェックは欠かせません。

そもそも、文部科学省検定済教科書は、通常4年毎に改訂の機会があり、大幅な内容の更新が行われます。 これから学習塾を開業しようと検討している人にとっては、今後の教科書改訂に合わせて、教材を改訂したり、指導内容を偏向しなければいけないので、その点を心配されている方もいらっしゃるかもしれません。 教科書の種類も多数あり、私立学校は独自の教材を利用していたり、学習塾の方針によって、特に個別指導塾では、指導に市販の問題集等の持ち込みを可にしている所は、それらの改訂にも対応していかなければいけないからです。

しかし、心配はご無用です。 フランチャイズに加盟する事で、そのような情報は適時、本部から提供されるからです。

フランチャイズ本部には専門の部署があり、教育指導要領に沿った教材の開発、改訂作業を日々行っています。 このため、教科書等の改訂、指導内容の変更があった際は、本部が改訂作業を行ってくれたテキストや小テスト、問題集、試験問題等を享受できるのです。

フランチャイズ本部によっては、指導要領、マニュアルがありますので、そういった情報を元に講師の研修を行ったり、場合によっては、変更点のポイントを解説する勉強会を開催するところもあります。

これらの情報収集や、教材改訂作業をオーナーが自分で全て行うのは大変困難な作業です。 ですので、こういった大きな制度変更の際にもいち早く対応可能なフランチャイズに属する事は大きなメリットがあると言えます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら