読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員免許が無くても開業出来る!

学習塾フランチャイズナビ

学習塾を開業したいけど、自分は教員免許なんて持っていないし、教育業界で仕事をした事も無いけど、大丈夫だろうか? そんな心配をしていらっしゃる方、「学習塾を開業するのに教員免許は要りません!」また、「現在、学習塾を経営されている方、オーナーの方はほとんど業界未経験の方です!」 という事実をお届けしたいと思います。 そうです、そんな心配は無用なのです。特に、フランチャイズに加盟して学習塾を開業する場合、本部によるテキストの供給、指導要綱、各種マニュアル等の提供が随時なされますし、指導システムが確立されていますので、教育業界に疎い方でも始めることが出来ます。 教室のオーナーになられる方は、元教員の方もいらっしゃいますが、殆どの方は別業種で働いた経験の方が多いです。 また、「教える力」と「教室を経営する力」は、全く別のものになりますので、心配は要りません。 大手の学習塾の正社員採用される従業員は、殆ど教員免許を持っていませんが、各種研修や見習いを経て、各直営教室の社員や室長になっていきます。 その様な方々は、教室運営に加え、実際の生徒の指導も受け持ちますが、教員免許は持っていません。更に、次第に生徒数が増え、教室が大きなってくると、講師を雇って、授業を担当させる事が多くなっていきます。講師の中には、教員免許を持っている者もいますが、学生であれば教員志望の教育学部の方はもちろん、そうでは無い方も、立派に指導をされています。 そういった人の力を借りることで、自分に無いものを補いながら運営していけば良いのではないでしょうか。 また、教室を経営していくと、指導範囲等は毎年大きく変動はせず、だいたい同じカリキュラムを繰り返すことになりますので、徐々に要領を掴む事が出来るはずです。 実際に、経営をしながら経験を積むことも出来ますので心配は要りません。 もちろん、教員免許をお持ちの方は、その経験、実績は大きな強みになりますので、是非活かして下さい。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら