読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手に職はつく?

リペア・修理ビジネスで取り扱うものは、さまざまです。 おそらく身のまわりにあるものはすべてリペア・修理が可能であるものといっても過言ではありません。

自分でも手軽に簡単にリペア・修理することのできるものを専門店へ持ち込むという人はそういません。 きれいにする技術に優れている人がいるから、そのお店に持ち込んでリペア・修理してもらうのです。

リペア・修理ビジネスで手に職をつけることはできるのでしょうか? フランチャイズチェーン本部は、開業前に加盟店へのリペア・修理に関する技術の指導、教育、研修を行います。

期間はチェーン店によって様々ですが、短いところでは1週間、長くて1ヶ月前後です。 加盟店のリペア・修理技術がしっかりしていないと、加盟店の経営もうまくいきませんし、チェーン店全体の評価も悪くなってしまいます。

お客様の大事なものをお預かりしてリペア・修理し、新品同様にして返すはずが、修理不完全やさらに傷がひどくなってしまった、使い物にならなくなってしまったといったことではリペア・修理として失格です。 特定のものに特化したリペア・修理専門店が少ないこともあり、リペア・修理専門店は比較的リピート客が多い傾向にあります。

以前直してもらって仕上がりがきれいだったから、大きくて持ち込むことのできないものを自宅でリペア・修理してもらって非常に便利だったといったことなどが、理由として挙げられています。 新商品を店舗に出すわけでないリペア・修理専門店にとっては、高い技術サービスが商品となります。

本部ではリペア・修理技術の質を高めるために、開業後も必要に応じて技術研修や教育も行っています。 リペア・修理の技術を身に着け、チェーン店開業も可能です。

お客様に技術が高いと評価されれば、口コミ等で評判が広まり、お客様も増え経営も軌道に乗ります。 また技術を習得するのに年齢は関係ありません。

定年退職後、第二のスタートとしてリペア・修理専門店を開業する方もいます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら