読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習環境を整備しよう

学習塾フランチャイズナビ

学習塾を経営する為に準備すべき事項の中で、最も大切な事の一つとして、生徒の学習環境の整備が挙げられます。

生徒に快適で、勉強や授業に集中して取り組む環境を用意する事は非常に大切な事です。

そこで今回は、生徒の学習環境について説明したいと思います。

(1) 整備すべき学習環境 整備すべき学習環境として、まずは教室が挙げられます。教室とは、集団授業であれば、広めの教室を用意する必要がありますし、個別指導であれば、個別指導用の教室を用意する必要があります。 集団授業では、スクール形式といって、黒板やホワイトボードを正面に、机と椅子を並べて学校の教室の様な空間を準備する必要があります。 個別指導では、完全個室で行う場合もありますし、大きな部屋に、いくつかのブースを設置する場合もあります。 どちらの場合にも、生徒の机と講師と生徒の椅子を用意する必要があります。場合によっては、小型の黒板やホワイトボートを用意します。 更に、自習室を用意する必要もあるかもしれません。 自習室では、生徒が授業の前後や授業の無い日でも、通塾して学習できるスペースの事です。自習室の設置、解放は、生徒や保護者に評判が良い設備ですので、是非用意したいものです。 (2) 整備する際に留意すべき事 教室や自習室を整備する際に、留意すべきポイントがいくつかありますので、ご説明します。 まずは、設備や什器は、生徒の体のサイズに合わせた物にする必要がありますし、安全に配慮された物を使う必要があります。 また、教室全体として、衛生的にしておく必要があります。 何より、学習環境として快適に使えるよう、整理整頓を心掛け、常に清潔を保ちようにしましょう。 特に書類等には、生徒の点数や個人情報やプライバシーに関する情報が記載されている場合が多いですので、管理体制にも留意すべきでしょう。 そして、そういった教室の掃除、整理整頓は、講師や職員が率先してやるべきですが、生徒にも教育の一環として、指導すると良いでしょう。 教室の学習環境は、皆で作り上げるものなのです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら