読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪における副業事情

2014年4月から消費税が増税となりガソリン代も大幅に上がり、家計を圧迫しています。 そのような中で給料の変化がなければお金の流れは変わらず、経済も変わりません。

バブルを知らない若者たちが活躍している昨今、副業を行う若い世代が増えています。 今や、特に20代を中心として6人に1人が副業をしているという状況にあります。

その平均月収は、4万円程度にもなっているのです。 特に東京や大阪といった大都市では雇用や需要も多いため、副業に取り組みやすいという環境があります。

働きながらさらにまた別の仕事をするということは、容易なことではありません。 しかしながら土曜日や日曜日、休日、本職が終わった後の空いている時間を活用することは可能です。

このような時間について、有効に用いるということになります。 インターネット上で可能なFXや投資、オークション、アフィリエイト、ブログライターなどといった仕事は副業として人気があり、インターネット環境さえあれば好きな時間にいつでも行うことが可能です。

しかしながら誰にでも可能であるというハードルの低さによって競争が活発であり、実際に利益を得ることができている人はほんのわずかです。 大阪で副業を考えるとすれば、フランチャイズや代理店は有力な選択肢です。

大阪は人口も多く、観光地も多くあるために人が集まりやすい地域です。 まさに、ビジネスを行う上では最適な場所ということができます。

経営が未経験であっても研修制度が充実しているため、安心して副業を始めることができるようになっています。 1人でも始めることは可能であり、費用が少ないなど自分の条件に合っているものを見つけることができます。

そして軌道に乗れば、副業が本業へ変わるということもあり得ます。 ただし会社勤めをしながらの副業であれば、20万円以上の所得を得た場合に確定申告の義務が発生します。

それを怠ると法律違反となり、懲役や罰金が課せられる可能性もあります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら