読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪における代理店ビジネスの動向

代理店フランチャイズ

代理店ビジネスについては昨今、大都市圏を中心として活発に展開されています。 東京に次ぐ日本の中心地となっている大阪でも、その動きは盛んです。

たとえば台湾の建材メーカーであるKeding Enterprisesの代理店ビジネスでは、中国語にも対応することのできる日本人の代理店経営者が募集されています。 塗装済みの天然木化粧合板によって、建築の工期を短縮しコストも削減させることができます。

サポート体制はしっかりしていて、台湾で給与も支給される研修が半年にわたって行われた後に、日本で販売代理店を経営します。 初期費用はかからず、開業支援金として1年間のうちに400万円の補助金が支援されます。

発生した売上からは、43%が利益ということになります。 こういったビジネスは従来ですとそれほど見られなかったものであり、グローバル化が進んでいる近年ならではのものともいうことができるものです。

ユニークな特長を持っている合板はISO9001やISO14001といった国際認証も受けていて、確かな品質が保証されています。 また、株式会社ナオシスでは革製品のリペア事業について、取次店を募集しています。

株式会社ナオシスでは百貨店やブランドメーカーが取り扱っている洋服や靴など、革製品を修理する下請け業者として長年にわたり、技術を培ってきました。 それをベースとして、革製品のリペア事業を展開しています。

その営業面について、利用者が気軽に相談へ訪れることのできるフレンドシップオーナーが求められているのです。 取次店、専属代理店という形態があり、専属代理店ですと法人に限定されますが、取次店であれば個人でも応募することが可能です。

必要とされる初期費用については取次店であれば63万円、専属代理店であれば315万円となっています。 2004年に設立された会社ではありますが、着実に実績を積み重ねてきた中で展開されているビジネスには十分にチャンスがあります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら