読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取引先は法人か個人か

リペア・修理フランチャイズ

リペアとは傷・凹み・汚れなどが付いてしまった物を、その部分だけ綺麗にしたり直してまた使えるようにすることです。 新しいものを再度購入するよりも経済的で、なおかつ限りある資源を大切にする環境保護の観点からも近年注目を集めています。

そんなリペアや修理を専門に行う業者も増えてきました。 リペアや修理できるものは家や家具、車、衣類や革製品、楽器など多岐にわたります。

どの分野を扱うかによって、委託してくる取引先は異なってきます。 まず家や家具のリペアや修理の場合、多くは個人の注文が多いといわれています。

近年家を中古で購入し、自分好みにリフォームをして住む方も増えており、床や壁紙、水回りなどを綺麗にし、また何十年とその家に住めるようにします。 またリフォームまでいかなくても、壁に開いてしまった穴を塞いだり、電気のスイッチがきかなくなってしまった場合の修理など、個人の家にはリペアや修理が必要になるケースが多くあるようです。

法人でリペアする場合といえば、事業所の壁紙の張り替えなど数は多くありません。 また、事業者の場合デスクなどが壊れても新しく買い換えてしまう場合も多いのではないでしょうか。

次に車の場合は個人・法人どちらも車の不調があれば依頼がありますし、中古車を有効活用することでしょう そのため車の場合は個人・法人隔てなく利用されています。

衣類や革製品なども個人の依頼が多いといえます。 外れてしまったボタンを付け直したり、パンツの裾上げやサイズ直し、革製品の傷を直したりなどが挙げられます。

価格も安く行えるので、単身赴任のサラリーマンから主婦まで幅広い方に利用されています。 法人の場合は制服や作業着を所有している場合もありますが、たいてい借りている人が直す場合が多いので会社自体が負担する機会は少ないといえます。

楽器に関しても、法人で楽器を保有しているのはごく一部の業種に限られているので、個人で保有している楽器を修理したりする場合が多いです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら