読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業になるペット商材

副業フランチャイズ

今や、空前のペットブームとなっています。 犬や猫をはじめとして熱帯魚や小動物など、様々なペットが家族の一員になって生活しています。

ヘビやトカゲなどの爬虫類をペットにしている人も、多くいます。 もちろん、そのようなペットも副業の商材となります。

ペットシッターを副業にしている人もいて、飼い主さんが旅行などで家を留守にする間、ペットを預かって世話をする仕事です。 時には飼い主さんから自宅の鍵を預かり、留守中に世話をする場合もあります。

真夏の暑い時期ですと、昼間に仕事で家を空けて帰宅時間も遅くなります。 留守番をしているペットが熱中症を起こしていないどうかを確認し、食事の世話や散歩もします。

飼い主さんが高齢であると、ペットの世話をすることが困難になる場合もあるため、それを手伝うというケースもあります。 今のペットは、それだけ大切な存在であるのです。

大手のペットショップやシッターチェーンですと直接フランチャイズやアルバイトを募集している場合もありますし、個人で開業していることもあります。 ブリーダーを副業としている人は人気の犬種や血統を扱うことで高値になりますし、カブトムシやクワガタの養殖をしている人もいます。

ペットシッターもブリーダーも扱うペットの知識が必要ですし、動物が好きでなければ務まりません。 ペットを預かり育て、養殖する設備も必要です。

日々の世話も大変ですから、負担になることも確かです。 数が多ければ多いほど世話にも時間がかかりますし、食事代もかかります。

それでも動物が好きだからなどの理由で副業にしていますし、苦労する分だけ魅力が高いというところはあります。 生命を扱う仕事ですから、責任もあります。

育てていた動物が生命を落とすという場合も、少なからずあります。 病気になることもあれば、幼虫が全滅してしまうこともあります。

しつけや世話の状態が悪ければ、においや鳴き声で近所から苦情がくることもあります。 ペットを商材にする場合は、物を扱うのではなく生き物という生命を扱うのであるということを念頭において、よく考えた上でビジネスにつなげることが重要です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら