読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住宅リフォームの流れ

リペア・修理フランチャイズ

リペアとは傷を修復し、復元するか元に戻し直すことです。 リフォームは改築、改装することであり住宅のリペア・修理としては、たとえばフローリングですと取り換える、張り替えるということをせず、技術によって直すということになります。

この場合、コストが安くエコロジーであることがメリットになります。 フローリングを全面張替することになれば、費用は決して安くありません。

実例として20平方mでおよそ26万円もかかることに対し、復元リペアですとおよそ10万円でも可能になっています。 リペア・修理としての住宅リフォームは住まいにある床やサッシ、ドア、石、住宅建材のキズ、へこみ、変色、ひび割れなどを直して新品同様に補修する業務です。

リペア・修理による住宅リフォーム業務の大まかな流れとしては、電話またはメールで業者に問い合わせることから始まります。 そして補修箇所やキズの具合、どのようなもので何ヶ所程度があるのか、どのような理由でキズ補修をしたいのか、経過している年数などを情報として伝えます。

メールで問い合わせる場合には、画像を添付して伝えることが可能になっている場合もあります。 ここで見積もり日程を決めると業者がキズの具合について確認し、施工にかかる時間や金額もわかります。

キズの状態によってはいくつかパターンが提示されることもありますし、補修が不可能であるという場合もあります。 補修することができ、施工にかかる時間と金額に問題がなければ、施工日を決定して施工開始になります。

当日は、施工前に立ち会いでの確認をさらに行いますから安心です。 ただし、作業中にはシンナーなどのにおいが発生することもあるため、注意しなければなりません。

施工が完了すると、施工箇所について確認が行われた後に施工料を支払います。 補修箇所は、施工が完了してから24時間程度は触れたり物を置いたりすることが厳禁とされます。

何らかの不備があれば、改めて問い合わせることが可能です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら