読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店をするための資金はどのくらい?

代理店フランチャイズ

企業で人間関係の悩みを抱えながら働き、そのような中で給与にもなかなか満足することができないといったときに、働き方の選択肢として代理店で独立開業をするという道もあります。 業種は多岐にわたっていて、さまざまな分野で自分の力を試すことが可能となっています。

個人が独立開業をして成功する確率については、およそ25%という数字があります。 それが代理店という方式で事業を手がけるかたちになると、その成功率は70%にまで達しているのです。

事業に取り組む分野について検討する上では、じっくり考えることが必要です。 複数社の情報を収集して概要やシステム、必要な資金などをひとつひとつ比較していきます。

新規の事業に取り組むというわけですから、その上で必要になる開業資金の金額は大きなポイントです。 ですがそこは、まったく何もかからないという場合もあります。

商品の販売を代理する場合に多いのですが、シンプルに販売するための商品を仕入れるときにだけ、その代金分を支払うというビジネスモデルが少なくありません。 過剰に在庫を持つ必要も、まったくないのです。

一般的な平均額ですと、100万円から500万円といった範囲内で落ち着いています。 たとえば学習塾の代理店ですと、100万円から300万円程度で始めることが可能となっています。

学習塾の経営については当然ながら意義のある仕事であり、学校での勉強とはまた違ったかたちで子どもたちのやる気を喚起していくものでもあります。 少子化が進んで世帯あたりにおける子どもの数は減っていても、1人の子どもを教育するためにかける金額は上昇しています。

代理店業務としても、相応のニーズは十分に期待することができるのです。 ちなみに契約をしたからといって、売上金額の一定割合をフランチャイズにおけるロイヤルティーのように支払わなければならないということはありません。

必要な費用を抑制することのできる部分は、確実にあります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら