読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店は安定しやすい?

代理店フランチャイズ

今や会社に勤めていれば安心であるという世の中でないことは、誰もがわかっている時代です。 それであれば自営業で安定した仕事をすることができるかというと、すべて自分で行わなければならない大変さがありますし、何の保障もなく不安に感じている人が多くいます。

自営業ほど責任が負担にならない代理店営業を選ぶ人も、増加しています。 代理店営業の良いところは、自分だけですべてをしなくて良い点以外にもたくさんあります。

本体となる会社を基盤にして代理店がありますから、安心して事業を行うことができるのです。 未経験者であってもしっかりとしたサポート体制が充実していますから、まったくわからずに仕事をする不安はありません。

専門性に特化し、安定して長くビジネスを続けることができる理由などから人気になっています。 似たようなビジネスの方法に、フランチャイズというものがあります。

よく耳にするフランチャイズは、すでに存在している企業のもとで企業名に加盟してビジネスを行うことです。 ただし企業の名前を借りて商売をするのですから、加盟するためには高額な資本金が必要とされます。

フランチャイズと違って代理店では、初期費用として必要とされる資本金が安い点も特徴です。 しかし、フランチャイズは売り上げがある程度保障されていますが、代理店営業では売上はすべて任せられることになります。

やり方によっては大きな売り上げが見込まれるものの、まったく売上が伸びないことも考えられます。 そのような心配もありますが自分で努力して売り上げを伸ばす喜び、本体の企業からあまり監視されずマイペースで事業をすることができる点も良いところです。

そのほか代理店のメリットとしては、特定の地域で独占的に販売する権利を持つことによって顧客確保に関しては競争率が低くなりますから、長期で安定した契約を獲得する機会に恵まれます。

これからビジネスを始めるという人も、安定した顧客と売り上げを見込めそうな代理店事業から始めてみると、ビジネスや経営のノウハウを学ぶことにもなります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら