読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店の研修制度はどのようなもの?

代理店フランチャイズ

代理店制度とは、業務提携のひとつでもあります。 代理店を募集する企業では優れた商品やサービスを開発し、代理店を通じて多くのユーザーに提供することをねらいとしています。

それぞれの代理店はユーザーに対して商品やサービスの販売活動をしていて、各代理店では自営をしているようなイメージであっても、全体で見れば組織化された販売活動が行われているという動きになります。 つまりは企業と代理店の協働によって、ユーザーへの販売活動が展開されていることであるということもできるのです。

代理店制度における研修制度は、代理店の経営者や雇用しているスタッフに対して設けられています。 企業では代理店に一定の活動品質を期待していて、それだけの活動プロセスや必要な専門知識について教育活動として習得させているのです。

研修では商品の詳細やセールススキル、販売に関するプロセス、注文処理や発注処理の手続、コンプライアンスなど、提供されるものが多々あります。 特に重要な商品内容に関しては商品の訴求性をわかりやすく明確なものにして、ターゲットとする顧客層やマーケティング戦略を含んでいることも少なくありません。

そのほか、商品やサービスについて利用者へ紹介するための話し方、用意されているツールやその使い方に関する説明も重要です。 利用者への説明が行われる中では、あらかじめ質問されそうな内容について想定したものを準備しておく必要もあります。

研修制度の詳細についてしっかりしたものが立案、実施されているかどうかは、代理店経営をする上で事前に把握しておきたいポイントです。 本来は企業が責任を持って実施すべきものであり、定期的に実施されていることで代理店としてスキルを高めることもできます。

企業によっては代理店のスキルレベルを向上させるための取り組みとして、代理店スキル資格制度などが導入されている場合もあります。 代理店間での競争意識といったことはあまり表立って見られるものでないため、企業としてはそこを盛り上げることで利益の拡大につなげることもできるのです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら