読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店のノウハウを知るには?

代理店は取引の代理をする個人や企業であり、メーカーや仕入れ先と直接代理契約を結んだ上で、一定範囲の権利や業務を担っています。 売買契約はあくまでも企業と顧客が結ぶものですから、代理店は企業からの手数料というかたちで利益を得ていきます。

企業とは、良好な関係であることが理想的です。 代理店経営をするにしても知識がなければなりませんから、企業からは売り上げが伸びるためのノウハウを得る必要があります。

自力でも情報収集をすることは必要であり、そのためにはまず取り組む業界について調査をします。 描いているビジネスモデルに類似している事例があれば、そういった情報も集めます。

企業で説明会や勉強会を開催している場合もあり、そのような機会には積極的に参加してみるようにします。 取り扱う商材についてはユーザーの目線で良いものかどうか、価値を提供することができるものであるかどうかというところに注目することが重要です。

市場は細分化してとらえ、ターゲットとするユーザーについてもしっかり絞り込む必要もあります。 競合状況についても把握しながら、ユーザーが買いやすいということを考えなければなりません。

また代理店を始めるにあたり、企業からの教育があるかどうかも大切なことです。 教育方針が明確なものになっているかどうか、良い教育プログラムが用意されているかどうかといったことです。

そして代理店と企業とで、情報を共有するしくみがあることも大切です。 一部では加盟金などの初期費用が高額に設定されているような代理店ビジネスも存在していますが、そのあたりを見極める目も求められます。

代理店展開をしている企業は本来、徹底して代理店をバックアップしなければなりません。 販売に関するノウハウを構築し、他社で扱っている商品についても研究して徹底した差別化を図るというように、必要な企業努力がいろいろとあるのです。

代理店側では、積極的にノウハウを享受する機会を得るべきです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら