読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店として地域密着は重要

代理店フランチャイズ

企業に所属して仕事をしていると、会社の属している業界が自分にとってのフィールドになっています。 そこでもし代理店としてあらたな事業を手がけるのであれば、自分だけで仕事をするということも考えて、地元という身近な地域で展開していくことも十分に可能です。

地域密着ということは大切であり、代理店であっても実店舗を設置していれば、人々からの信頼にもつなげやすくなります。 たとえばスーパーマーケットなどの小売店が、ひとつの事例となります。

どれだけ大手のショッピングセンターが進出してきていても、古くから地元に根差してきた古参のスーパーマーケットが地域の人たちから厚い支持を受けていて、しっかり生き残っているというケースは珍しくありません。 大型店でも出店するときには人々から興味関心を得るべく、地域社会の実態に応じて地域社会に貢献するということをアピールしています。

代理店であってもそれは変わらず、地域に密着した店舗にするということであれば生活にとって必要な商品を提供することで需要を充たす、生活環境に貢献するということになるのです。 地域で存在し続けていることによって、少なくとも会社の存在は知ってもらうことができます。

それだけでも、地域に密着した営業をすることにメリットはあります。 地域において活発になっている業種の傾向について把握していれば、代理店業として展開して成り立つものであるかどうかを判断することもできます。

また、自分で店舗を構えて営業していることで、時にはブログやSNSなどといったツールから第三者の話題になる場合もあります。 同様に口コミでその存在が広がるというケースもあり、宣伝効果が思わぬところから得られることにもなります。

こういったことが成り立つ理由は、代理店としての仕事がやはり地域で密着しているところにあります。 過剰に多様な展開を考えなくても、身の丈にあった営業をしていることでビジネスチャンスはあります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら