読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理店で高利益を出すために

代理店フランチャイズ

高利益をめざして代理店ビジネスを始めるならば、何が必要なのでしょうか。 代理店を始めるにいたって、以下の必要なスキルが考えられます。

まずは問題発見能力です。 代理店はフランチャイズ経営よりもある程度自由のある経営が可能です。

ですから、自由度がある分だけ自分で現状を把握し、店舗にどんな問題があるかを分析する能力が求められています。 今、何をするべきかを見つけ、よりよくするための解決法を考えるのです。

次に必要なことは店舗の目的を具体的にする能力です。 従業員が他にいるならば、みんなで一つの目標に向かって努力できるよう、店舗の目的を具体的に定めてください。

次に事前に準備する能力です。 従業員がいるならば、経験やスキルを見て、誰にどの役割を与えれば利益が伸びるか、人を見極める目を持ちましょう。

次にプロモーション能力です。 従業員が仕事をする上で問題点はいろいろ出てきます。

問題点をすぐに解決する能力が必要なのです。 最後に従業員をコントロールできる能力です。

従業員がいるならば、彼らの精神や身体の状態にも配慮が必要です。 必要なときは助言を行います。

利益を上げるためには、店舗の問題点を速やかに分析し、すぐに解決法を考えること、そして従業員をうまくコントロールすることが必要です。 これまで社会経験のある人であれば、ある程度のスキルはすでに身についています。

コントロール力やリーダーシップについては、もともとの素養がありますが、うまく経営して利益を上げるためには、店舗の問題点を分析して解決できれば十分です。 現状を理解して、問題点がどこにあるかをすぐに分析し、どう解決したらよいかを考え、実行する。

その過程については、代理店事業であれば本社からアドバイスを受けることも可能ですし、研修などを受けて身につけることも可能です。 今後、代理店を離れて自分一人で事業を始めるときにも役立つことばかりですから、代理店事業で身につけたスキルは将来のためになります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら