読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国・四国における状況

脱サラをしてリペア・修理ビジネスを開業している人が多くなっていますが、中国や四国地方においてもフランチャイズ加盟店を基本に数多くの起業者がいます。 リペア・修理ビジネスと一口にいっても、さまざまな内容のもがあります。

その内容とは、自動車の内外装やホイールなどのリペアや修理を手がけるものであったり家具や壁紙、フローリングのリペアであったり、住まいの傷や汚れなどのリペア・修理・掃除などもあります。 これらのほかにも靴やバッグの修理やクリーニング、革製品全般のリペア、カビや汚れを根こそぎ落とし、しかも素材を傷めることがないという清掃・リペアなどもあります。

靴や鞄などの修理のほか、合鍵の制作や時計電池交換などの修理やリペアなどもあり、実に様々なビジネスがあります。 これらのビジネスには共通して粗利率が70%から90%という高い率になっていることや、未経験者で始められること、定年がない職業で生涯働くことができる、無店舗でも開業できるなどです。

無店舗で開業ができることでリスクを抑えることができ、店舗を目標にしている場合は、その後の業績によって店舗について考えていけばよいので、無駄なリスクから解放されます。 年齢に関係なく開業、運営が可能なところも共通しており、しかも成功報酬型ビジネスであるため、自分ががんばった分がそのまま報酬として帰ってきますので、メリハリのあるビジネスができます。

また、自分一人で開業および運営ができますので、別に従業員を雇ったりする必要もないため、人件費などの支出も出ることがありません。 一人で自由度が比較的高く、未経験からでも始められるというのが魅力的なところです。

もちろん在庫なども持たずに始められるのが特徴ですので、リスクは限りなく低く抑えることができます。 しかも既に開業されている方々は、ほとんどが未経験者でしたが、開業してから10年以上も活躍されている方も多くおります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら