読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミドルエイジでの代理店経営に展望はある?

ミドルエイジという年齢層において、平均年収は500万円前後というデータがあります。 家庭を持っている人であれば教育費などで多額の出費もあり、何かとお金がかかる年齢層でもあるのです。

ミドルエイジ世代がビジネスチャンスを考える上で躊躇してしまう理由としては、自営業を始めるにも経営方針やノウハウに関する知識がないということも大きなものとして挙げられます。 そこで新しい働き方として注目されているものがフランチャイズ方式、代理店経営のビジネスです。

代理店経営という経営方針で店舗拡大を考えている企業も多く、代表的なものはコンビニエンスチェーンや飲食業業界の店舗などです。 経営方針や売上を安定させる収益方法など、ビジネスモデルとしての運営方法を学ぶこともできるため、ミドルエイジにとっても安心することのできる経営方法です。

有名チェーン店の代理店契約をするとネームブランドイメージもそのまま使用することができ、人が集まりやすいという利点もあります。 そのことから、経営方針がわからず右往左往するよりも代理店契約を行うことで、確実なビジネスを行うことが可能です。

注意したいのは、販売店代理店契約を結ぶときの契約内容です。 代理店契約として企業と契約を結ぶのか、フランチャイズとなる販売店契約として結ぶのかで大きな違いがあります。

代理店契約をした場合には、元々契約を結んだ企業と代理店側の間で商品に対する委託をしたという意味合いが強くなります。 実際の売上や商品に対することですと、代理店側が販売した売上は契約した企業側の収益になりますが、売上成功の仲介料として何割かは代理店へ支払われるしくみになっています。

法律上、代理人でもある代理店は販売に関して責任を負うことがない立場であるのですが、何らかのトラブルが発生した場合に備えて企業側と代理店の責任分担なども決めておかなければなりません。 一方フランチャイズでもある販売店契約を結んだ場合ですと、販売する商品の技術や特許について契約し、その商品を購入して販売店へ並べるという考え方になります。

小売店の意味合いが強い契約となるため、法律上では個人契約を結んだことになります。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら