読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランチャイズの宣伝活動とブランドの認知度

ハウスクリーニングフランチャイズ

フランチャイズで開業するにあたり、お店の存在を知ってもらわないことにはお客さんを呼びこむことができません。 有店舗であれ無店舗であれ、開業後の宣伝活動は売上につながる大事な要素です。 各々の店舗の宣伝はチラシを作成して配布したり、営業を行って知ってもらうという方法が一般的です。 チラシは本部が作成してくれることがほとんどなので、オーナーはチラシ作成について心配することはありません。 コンビニエンスストアや居酒屋など有店舗の場合は店舗があるためお客さんの方から来てくれる可能性がありますが、ハウスクリーニングや水道トラブル解決など無店舗のサービスの場合は宣伝と営業が非常に重要になります。 店舗や事務所がないため宣伝や営業をしなければお客さんに存在を知ってもらえないため、営業活動を行って顧客を獲得していきます。

本部が行うフランチャイズ全体の宣伝も集客に関係してきます。 テレビCMを放映していたり、雑誌や新聞に広告を出している企業ならメディアを通しての集客が見込めます。 特にテレビCMの効果は大きく、ブランドの認知度を高めることは集客アップにつながります。 認知度や好感度が高まればこのサービスならあの企業、というイメージが定着しますので、本部がどのような宣伝活動を行っているのかもチェックしておきたい項目です。

最近はほとんどの企業が自社のWEBサイトを持っており、スマートフォンから簡単にインターネット検索できるためWEBサイトの存在も不可欠です。 WEBサイトでサービスの内容や料金を知ってもらい、近隣にある加盟店を検索してお店に来てもらうことができます。 WEBサイトでは各店舗の営業時間や場所、情報などが掲載されていることがほとんどですので、WEBサイトを通じた集客もかなり効果があります。 検索の精度が上がっているため、お住まいのエリアの店舗が検索結果に出てくることがあるので、WEBサイトがあれば検索を通じての集客も見込めます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら