読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランチャイズには技術がなければならない?

リペア・修理フランチャイズ

リペア・修理ビジネスにたずさわるとなると、やはり技術がものをいうことになります。 商品を販売するという類の仕事ではなく、元の物に手を加えるものですから、そこにごまかしはききません。

業界で成長している企業には、フランチャイズ展開で成功しているというケースも少なくありません。 こういった企業では、フランチャイズオーナーと良好な関係が築かれているのです。

必ずしもオーナー募集に応募する人がすべて技術を持っているというわけではありませんから、本部側では教育研修の機会を設けています。 リペア・修理の技術が伝えられた上で、開業することができるのです。

特にリペアとなると住宅関連の補修にあたる場合が多くありますから、確たる技術が要求されることになります。 より高い技術を持っていることによって、新品に近づけることが可能にもなるのです。

建築関連で資材の交換がないこと、改めて工事をする必要がないことはエコでもあり、もちろん費用の面でも大きな節約になります。 リペア・修理の分野では建築物の補修についてすでに、一通りの素材に対応することができるだけの技術を持っています。

住宅はもちろん公共性の高い施設にも用いることができるものであり、さらには家具や自動車の内装などにも応用されています。 また、高い技術は対応するスピードも迅速なものにします。

車のリペア・修理などでは急を要するという依頼も多く、アルミホイールのリペアなどですと即日の仕上げということを謳っている場合もあります。 これはフランチャイズの豊富なネットワークが広がっていることのあらわれでもあり、それぞれのフランチャイズオーナーが確かな技術を持っているという信頼のもとに成り立っているということになるのです。

すでに技術を持っているということは優位性につながりますが、フランチャイズ本部でも未経験者歓迎という場合は少なくありませんから、後発であっても十分にビジネスとして成立させることは可能です。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら