読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウスクリーニングフランチャイズで開業するメリットとは?

ハウスクリーニングフランチャイズ

フランチャイズと言えばコンビニエンスストアやファーストフード店など有店舗のタイプが多いですが、有店舗の場合初期費用が多くなり、毎月の賃貸料の支払いが負担となってしまいます。 最近はハウスクリーニングなどの無店舗で運営できるフランチャイズが人気です。 ハウスクリーニングはお客さんの自宅に出向いて作業を行うので無店舗で開業できるため、初期費用が少なく、自宅を事務所代わりにすれば賃貸料はかかりません。 ハウスクリーニングは低資金で事業を立ち上げられるため開業しやすく、賃貸料が必要ないのでリスクが少ないという大きなメリットがあります。

説明が後になりましたが、ハウスクリーニングのフランチャイズとは一般家庭や賃貸物件の清掃を行う事業で、開業にあたって許認可や届出が必要ないため資格等を持っていなくても開業できます。 また、清掃にあたって特別大きな機器を使うわけではないため機器代が少なく、前述の通り無店舗で開業可能なので初期費用が少なくて済みます。 フランチャイズは有店舗のタイプが主流ですが、リスクを抑えるには無店舗のタイプが圧倒的に有利です。 有店舗と無店舗では毎月の経費に大きな差が生じるため、利益にもダイレクトに影響してきます。 毎月の賃貸料が必要ないということは、その分の利益がまるまるプラスになるということになります。

市場を見てもハウスクリーニングのフランチャイズは非常に有望で、ここ数年ハウスクリーニングの利用者が増加しています。 高齢化社会の進行、および共働きの世帯が増えているため、ハウスクリーニングの利用者が増加しており、高齢化に伴ってこれからさらに需要は増えると見込まれています。 一昔前はハウスクリーニングは裕福な家が頼むものというイメージがありましたが、ハウスクリーニングはリーズナブルな料金で利用できるため一般的に広く普及しています。 まだハウスクリーニングを利用したことがない世帯も、これから利用してみたいという傾向が強く、潜在ニーズがまだまだあるためこれから事業を立ち上げても遅くはありません。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら