読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウスクリーニングの独立開業に年齢制限はありますか?

ハウスクリーニングフランチャイズ

公園を散歩する老夫婦   フランチャイズでは本部によって年齢条件が異なるため一概には言えませんが、幅広い年齢層を募集しているフランチャイズは多いです。 例えばハウスクリーニング事業を展開するおそうじ本舗のフランチャイズは研修を受けられる年齢制限を「満20歳以上65歳以下」としていますが、オーナーとして加盟する場合に年齢制限はありません。 研修を受けられる年齢は65歳以下と決まっていますが、オーナーが75歳でもスタッフに研修を受けさせることでフランチャイズでの開業が可能になります。 こうした年齢条件の規約は事前にしっかり確認し、年齢制限がある場合でもおそうじ本舗のように研修のみが対象で、オーナーは何歳でも構わないとしていることがあるので、年齢制限があるからといってすぐに諦めるのではなく、条件をよく読んでから判断するようにしましょう。 不明な点は本部に問い合わせ、フランチャイズ加盟が可能な年齢なのかどうかを事前に確認しておく必要があります。

ハウスクリーニングは言わば体が資本の事業ですので、どうしても年齢制限が発生してしまいます。 しかし、スタッフを雇用する場合は自身が動かないでいいので年齢制限の対象にはならず、オーナーとしてなら何歳でも独立開業できる可能性があります。 フランチャイズの本部の規約や業態によって年齢制限が変わるため、定年退職後にフランチャイズで独立開業しようと考えておられる方はまずは年齢制限の有無や内容を確認しておきましょう。 年齢制限によってスタッフを雇うかどうかが分かれますし、人件費が発生するかどうかでも経営の仕方が変わってくるので年齢制限は最重要確認事項と言っても過言ではありません。 年齢制限内で自身が働けるなら人件費が不要となりますし、将来スタッフに任せることを見越してスタッフを雇いながら働くという選択肢もあります。 年齢制限内であるかどうかで経営の予定も予算も変わってくるので、いずれにしても年齢制限を確認しておかなければなりません。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら