読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウスクリーニングで開業するため資金やランニングコストはどれくらい?

ハウスクリーニングのフランチャイズを提供している企業は複数あり、フランチャイズによって開業に必要な資金や加盟金、運用コストが異なります。 例えばハウスクリーニングフランチャイズで有名なおそうじ本舗では、加盟金は20万円込みで開業資金は221万円となっています。 個人開業でフランチャイズ加盟する場合、1ヶ月の売上は約97万円、車両費・通信費・人件費などを含めて必要経費は約30万円となっています。 営業利益は約61万円を収支モデルとしており、利益率は64%となります。 もちろんスタッフを雇うかどうかで人件費の有無が変わりますし、事業を展開する規模によっても売上が変わるため収支モデルはあくまでもひとつの例ですが、ハウスクリーニングは利益率が高いフランチャイズなので利益を得やすくなっています。 事務所を持つ必要はないので賃貸料が発生しませんし、必要経費も他のフランチャイズと比べて少ないので利益率が高くなります。

フランチャイズに加盟するメリットは開業がしやすくなること、全国的に名が知られているフランチャイズの看板を掲げられることです。 おそうじ本舗は全国展開している有名なハウスクリーニング事業者ですので信頼感と安心感があり、顧客を獲得しやすくなります。 最初は事務所を持たずに開業し、事業が順調に進んで規模を拡大していった後に事務所を構え、スタッフを雇ってさらに事業を拡大することも可能になります。 ハウスクリーニングは開業にかかる資金が多くないので開業しやすく、低資金でのフランチャイズ独立開業を考えている方に人気があります。 店舗を持つタイプのフランチャイズだとどうしても経費が多くなり、ランニングコストが低くなってしまいます。 それに開業資金や毎月の賃貸料が負担になり、経済的にも精神的にも重荷になってしまいます。 開業のしやすさ、ランニングコストの高さでフランチャイズを選ぶなら、ハウスクリーニングは非常に有益な事業であると言えます。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら