読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウスクリーニングが低資金で開業できる3つの理由

フランチャイズで開業するにあたり、資金が最初の課題となります。 どれだけ稼げると謳われているフランチャイズでも、初期投資額が多いと資金の準備が容易ではなくなりますし、投資額が増えるほど回収に時間がかかります。

フランチャイズの中ではハウスクリーニングが低投資で開業できるとして人気があり、少ない投資額で開業可能なのでフランチャイズとして開業しやすいです。 ハウスクリーニングが低資金で開業可能であるのには3つ理由があります。 まず1つ目は無店舗で開業できるという点です。 フランチャイズは店舗を構えてお客さんを呼びこむタイプが多いのですが、ハウスクリーニングはこちらからお客さんの自宅に出向いて住宅の清掃を行うため、店舗は必要ありません。 無店舗で開業できるということは、物件にかける費用が不要ということですので、初期投資額は少なくて済みます。

2つ目は賃貸料が不要であるという点です。 これは1つ目の理由の無店舗での開業可能という理由につながっているのですが、賃貸料がないということはそれだけ毎月の経費が少なくて済むということになります。 自宅を事務所にして開業が可能ですし、事務所を借りる場合でも商品を扱うわけではないのでそれほど広いスペースは必要ありません。 賃貸料を抑えることで利益が得やすくなります。

3つ目は設備や機器にかける費用が少なくて済むという点です。 ハウスクリーニングを実施するにあたり、特別大きな機器や高価な機器は必要ないですし、設備を持つ必要はないので初期投資額が少なくなります。 必要な機器はありますがそれほど効果ではありませんので、用意する資金はそれほど多くなくても充分可能です。

ハウスクリーニングは商品の仕入れが必要ないので、毎月の仕入れ代は少ないです。 洗剤など消耗備品が必要となりますが、価格が安いので負担にはなりません。 ハウスクリーニングは営業利益が高いため、利益を出しやすいという大きなメリットがあるフランチャイズです。

  • 独立起業の虎の巻PDFダウンロードはこちら